冬にはニキビが減るは嘘?化粧水で悪化することも?改善方法は?
ニキビというと、
思春期の子どもや若い方に多いイメージですが、
大人のニキビも侮れません。


また、ニキビは脂分が多いとなりやすいので、
乾燥した冬にはなりにくいと考えている方もおられるかもしれませんが、
実際冬にこそ、大人のニキビは増えてしまうものです。


また、間違ったスキンケアで悪化することもあるので、
冬こそきちんとしたお手入れが必要です。

今回は、冬のニキビ改善方法をお伝え致します。


Sponsored Link



「冬はニキビが減る」は嘘!?


冬にはニキビが減るは嘘?化粧水で悪化することも?改善方法は?1
冬は空気がとても乾燥しているので、
手などがカサつく方は多いでしょう。


ですので、顔の脂分も減り、

ニキビができにくいのでは?

とお思いの方もおられるでしょうが、
実は大人のニキビが冬にできやすいのは乾燥のせいなのです。

冬にはニキビが減るは嘘?化粧水で悪化することも?改善方法は?3
冬は湿度が下がりますので、
それにより、肌の水分が蒸発して失われます。

そうして乾燥が進んでいくと、
角質層の水分不足に陥ります。


角質層の水分不足を補おうとして、
皮脂が余分に分泌されるため、
毛穴に皮脂が詰まってしまうのです。


つまり、冬にニキビが悪化するのは、
乾燥によって過剰に皮脂が分泌流される仕組みから来ているのです。


Sponsored Link



化粧水も使い方によってニキビを悪化させることも…


冬にはニキビが減るは嘘?化粧水で悪化することも?改善方法は?2
皮脂がたくさん出るのなら、
洗って流してしまおうとお考えの方はおられませんか?
また実際に今までそうしてきた方もおられるかもしれません。


実は、皮脂を洗い流そうとして、
余分に何回も顔を洗ったりするのは、
肌のバリア機能を落としてしまいますので、
余計肌が乾燥するきっかけになってしまいます。


人間の皮膚は、
ある程度の脂分があることでバリア機能を保っています。


特に肌の弱い方は、
あまり洗いすぎるとカサカサと乾燥してしまいますので要注意です。



また、保湿目的で
化粧水を何度もつけると毛穴に詰まって角栓ができてしまいます。


特に乳液タイプのとろっとした化粧水は、
脂分を多く含んでいるので、
お風呂上りに多くつけすぎないようにしましょう。

ニキビを改善させるオススメな方法!


冬にはニキビが減るは嘘?化粧水で悪化することも?改善方法は?4
冬の肌のお手入れは、お風呂あがりが肝心です。


どうしても寒いので、
体を拭いてパジャマなどを着てから、
顔の保湿ケアに移ってしまいます。


しかし、
お風呂から出て3分から5分の間がとても重要なのです。



蒸気でいっぱいのお風呂から上がると、
すぐに肌の表面から水分が蒸発していきます。


この間にささっと保湿をすると、
水分が保たれますので余計な皮脂の分泌が抑えられるのです。


まず、化粧水を多めに手にとって、
顔全体にパシパシとなじませます。


乳液やナイトクリームは手のひらに薄く伸ばして、
両手で顔に押しつけるようにして塗ると満遍なく伸ばせます。


できればお風呂に入っている最中に
顔だけでも保湿してから出てくると良いです。


お風呂から上がったら、
顔がカサカサになっている!という方は是非試してみてください。



皮膚科で処方される「ヒルドイドクリーム」
「ヒルドイドローション」は程よい保湿力を持っていますので
乾燥肌とニキビでお悩みの方は、処方して貰うと良いでしょう。


化粧水と違って余分な香料なども入っていませんし、
コストパフォーマンス的にもベストです。


冬にニキビができてしまう原因は、
角栓を作ってしまうことですので、
お風呂あがりの保湿をしっかり行い一定の保水力を持ちましょう。


Sponsored Link