Sponsored Link



【TWOWEEKSの韓国・日本キャスト!韓国版と日本版で内容に違いはある?】1
三浦春馬主演で話題のTWOWEEKS韓国でイ・ジュンギ主演で大ヒットした作品です。

主題歌も三浦春馬が歌っています。


こちらの主題歌はK-POP調でかなりイケています。

三浦春馬が歌って踊るMVもGOOD!!

 ➡「Fight for your heart」MV


さてさて肝心なリメイク版はどうかと言えば・・・・

こちらも、三浦春馬がスリリングな逃走劇を繰り広げています。

TWOWEEKSの韓国・日本キャスト


原作版TWOWEEKSもかなり豪華なキャスト陣が揃っています。
日本版と合わせて紹介しましょう。


Sponsored Link



TWOWEEKSあらすじ



毎日を刹那に生きる三浦春馬演じる結城大地の前に、昔の恋人青柳すみれが現れる。

8年前に大地との間に生まれた娘はなが白血病を患い、ドナー検査をしてほしいというのだ。

自分の子供の存在を知り当惑する大地だが、検査に訪れた病院で娘のはなと出会い、愛おしさがつのります。

検査の結果、骨髄が一致し、2週間後に移植手術が行われることに。

一方、大地の昔から知る柴崎コーポレーションの柴崎要は、自分の欲望のために大地に殺人犯の汚名を着せます。

濡れ衣を着せられた大地は、警察に捕まります。

が、大地ははなの手術を果たすため、護送中の交通事故に乗じて脱走します。
はなの命を救うため、大地の必死な逃走劇は繰り広げられます。

やがて大地は柴崎が自分の命を狙う理由が、預かったデジカメにあることを知ります。

そのデジカメに無実を証かす鍵があると察し、探し出そうとする大地。

そんな中、担当刑事の有馬は捜査を進める中で恋人のすみれと大地の関係を知る。

一方、月島楓は事件を調べるうち、大地の無実を確信する。

それぞれの思いが絡み合う中、手術の日が迫っていく・・・。


韓国版と日本版のキャスト


TWOWEEKSの韓国・日本キャスト!韓国版と日本版で内容に違いはある?2
結城大地(三浦春馬)×テソン(イ・ジュンギ)

TWOWEEKSの韓国・日本キャスト!韓国版と日本版で内容に違いはある?3
青柳すみれ(比嘉愛未)×イネ(パク・ハソン)

『 TWOWEEKS』3kimsoyon80_p
月島楓(芳根京子)×ジェギョン(キム・ソヨン)

『 TWOWEEKS』52013080118-1_smart
有馬海忠(三浦貴大)×スンウ(リュ・スヨン)

『 TWOWEEKS』458088fe8ff12b5bd520b35a8b96a63e7
柴崎要(高嶋政伸)×イルソク(チョ・ミンギ)

TWOWEEKSの韓国・日本キャスト!韓国版と日本版で内容に違いはある?4o0450067513039633587
灰谷(磯村優斗)×キム先生(ソン・ジュリム)

toeeksチョ・ソヒ
久我早穂子(黒木瞳)×ソヒ(キム・ヘオク)

『 TWOWEEKS』6ichemi_p
青柳はな(稲垣来泉)×スジン(イ・チェミ)

韓国版と日本版に違いはある?ネタバレあり



https://platform.twitter.com/widgets.js

ストーリー展開上の多少設定の違いはありますが、おおむね、原作に忠実にリメイクされているようです。

ただ、黒木瞳演じる久我早穂子が、原作では、柴崎要と癒着して政治資金を集めており、
大地を無実ではないかと確信してはなの手術をなんとか受けさせようと奮闘する検事役の
月島楓とは日本版のような親子ぐるみの付き合いがある設定にはなっていません。

原作では、国会議員の彼女が黒幕だったことから、原作に忠実にリメイクがされるとすれば、
彼女の企みが最後には柴崎の悪行ともども明らかになる筋書きなのですが・・・

勿論、大地ははなに骨髄を提供することに成功はします。

検事と国会議員が親しいという設定・・・・

はたして最終話までどのような展開で、話が進んでいくのか・・・・
非常に興味深いところです。


最後に原作も是非見て!!


日本版の三浦春馬の好演が光る『TWOWEEKS』ですが、原作版もスリリングな展開にどっぷりつかります。

原作では、とにかくイ・ジュンギが傷だらけになって逃走しまくります。

思わず普通の人なら死んでるよね‥‥とツッコミを入れたくなるくらい派手に血まみれになっての逃走劇です。

その当たりは、日本版は非常に現実的な描かれ方をしていると思います。

韓国版『TWOWEEKS』はとにかく過激!!これ一言に尽きます。


//www.instagram.com/embed.js
日本版はそれに比べたらソフトタッチです。

あらすじとストーリー展開は一緒ですが、そこにお国柄の違いを感じます。

日本版を見た方は是非、原作も見ていただきたい1本です。


Sponsored Link