華道界をバックに繰り広げられるドラマ、石原さとみさん主演の

「高嶺の花」が話題になりました。

華道界という、少し縁遠い世界ですが、石原さとみさんの美しさと華やかさに、

華道への関心を持たれた方も多いと思います。




Sponsored Link



華道月島流の元の流派は?





ドラマは、月島流という流派をめぐるお話でしたが、

月島流という流派は実在するのでしょうか?


実は、月島流は実在しない流派です。

ドラマの内容からしても、実在したら大変なスキャンダルですね!



お花の監修やいけばな指導者についても





では、実際ドラマの中の生け花の監修をしたのは、何流の方なのでしょうか?

それは草月流の師範、大谷美香さんという方でした。

草月流と言えば、池の方、小原流、未生流などと並ぶ大きな流派ですね。

大谷さんは、他のテレビ番組でも生け花指導や装飾をされたり、

海外にも広めておられるそうです。



草月流って、どんな流派?




では、草月流とは、どんな生け花なのでしょう?

初代家元勅使河原蒼風によって1927年に創流され、

自由で前衛的な作風が特徴とされます。


蒼風は、華道家という範疇を超え、芸術家としての名声を得ていた方です。

『いけばなは生きている彫刻である』
と提言し、花にとどまらず、

流木も素材として用いました。


伝統的な華道の世界では、自由を重んじた蒼風は、日本では当初異端児とされました。


しかし欧米では、1955年のパリでの個展が盛況となり、

「花のピカソ」と呼ばれるほど賞賛され、

やがて日本でも認知されるようになりました。




Sponsored Link



生け花がドラマの場面ごとの引き立て役に




高嶺の花 作品

ドラマの中で、たくさんの生け花の作品が登場します。

それぞれの場面で、そのシーンの意味やももの内面をも表す

効果を出しています。


家元を決める姉妹決戦でのお花は、やはり格別な華やかさと個性が際立っており、


ももの部屋にもいつも生け花がありましたが、こちらは生活空間に合った、

インテリア的なシンプルな作品でした。


最終回での、ももがプーさんを迎えるシーンの生け花は、

新しい門出にふさわしいお花畑のような可憐な作品でした。