Sponsored Link

冬のソナタのヨン様にはまり、すっかり韓流ドラマのドツボにはまり早いもので20年・・・

「太王四神記」のファンミの時、「この作品を最後に裏方に(作る側)に徹したい」発言をされたヨン様は

2011年の「ドリームハイ」にちょこっと出演して以降有言実行?俳優業は引退こそしていないようですが、休業状態。

すっかり表舞台から姿を消し2人のお子様と奥様と悠々自適な実業家生活を謳歌されている模様です。

 

ヨン様なきあと、浮気者?の私はオ・ジホをおいかけ

結構、優雅でミーハーなおっかけアジュンマを謳歌させていただきました。

コロナの流行もあり、大好きな韓国への旅行も、東方神起のライブやファンミからもすっかり足が遠のいておりますが、

目の保養は、韓流ドラマはオリジナルが多いよ~と教えていただいたNETFLIXで楽しませていただいております。

NETFLIX様様です!爆

って…話がそれましたが…(;^ω^)

本当に韓国俳優さんはイケメンが多いですよね。

そこへきて、演技も上手いのでドラマでのキャラがはまると、もうそれだけで好感度UPです。

またまた、将来楽しみな若手のイケメン君を発見したのでクロ~ズア~ップしちゃいます!!


Sponsored Link

「社内お見合い」でブレイク!アン・ソヒョプ


最近、NETFLIXオリジナル「明日」「花遊記」「アビス」など、ちょっぴりオカルト系がはいったラブストーリーがマイブームだった私。

「社内お見合い」のアン・ソヒョプがいい~~という話題にすっかり乗り遅れておりました。(;^_^A

先日「明日」の配信がすべて終わり、新作を見るべくNETFLIXオリジナルコースを徘徊。

引っかかった作品が「30だけど17です」

それを見てから、たまたま目にした「社内お見合い」の予告。

『社内お見合い』予告編 – Netflix – YouTube

なんとな~く見始めたもののいきなりツンデレ社長のカン・テムのイケメンぶりにアッパーを食らいノックアウト。

今思えば「30だけど17です」にもアン・ソヒョプ出ていたんですね

➡彼つながりの予告だったのねぇ~全然気が付かなかった…(;^ω^)

親友の財閥令嬢のヨンソに頼まれて、身代わりにテムとの見合いに臨んだハリ。

まさかの勤務先の社長という現実になんとか見合いを破談にしようと躍起になるも、

見合いが面倒なテムに結婚を申し込まれ右往左往。

あの手この手でテムに断りをいれるもすべて裏目に出て泥沼。

挙句、テムに素性がばれて‥‥

偽装でお付き合いをはじめる展開は韓国ドラマあるあるバージョン。

ありふれたストーリー展開のはずなのにテムを演じているアン・ソヒョプにぐいぐい引かれていってしまいます。

 

「社内お見合い」おすすめの見どころ&感想

仕事第一主義のツンデレ社長と、社員のラブロマンス。

韓国ドラマのシンデレラストーリー王道ともいえるこの作品。

社長テムが心を開いて愛する存在が平社員のハリであるならば、

ハリの親友で社長令嬢のヨンソが一目ぼれから愛する相手がテムの秘書であり、

孤児院出のソンフン➡ソンフンもコンビニで見かけたヨソンに一目ぼれなんですけどぉ~

ヨンソの身代わりでお見合いした後、会社でテムと出くわすたびに素性がばれないように逃げ回るハリ。

逃げる途中で飛ばしたサンダルがテムの頭に見事に命中!!➡この辺りも韓国あるあるですが…

ソンフンに鼻血が出てると言われたテム、サンダル片手にハリを追いかける場面は、漫画チックで笑えます。

このシーンでハリとテムの恋の予感を感じさせます。

韓国あるあるとはいい、何度見ても好きなシーンの1つです。

その後、本性がばれてテムのお見合い阻止のめに恋人のふりを仕方なく始めるハリ。

そこに長年ハリが片思いをしてきたレストランシェフのミヌとの関係も絡んで…

財閥令嬢ヨソンとソンフンの恋愛も一見順調に見えますが、ヨンソの父親に猛反対を受けますし、

ハリに心を寄せるテムもまた、祖父から猛反対され、付き合いを阻止されます。

ハリの両親も、またテムが大企業の社長であることから家柄の差を気にしてお付き合いを素直に喜べない親心を覗かせます。

財閥という世界にない物を庶民はもっている?

無い物に人は魅力を感じ惹かれると言いますしね…

「社内お見合い」はヨソンとハリ、二人のヒロインとそれを取り巻く家族や友人の思いも同時に描かれています。

テムと秘書のソンフンの関係もありそうでない設定ですが、社長と秘書以上の親密な関係が素敵だなと思いました。

テムとスンフン。

ハリとヨソン。

ドラマの展開と同時に二組のカップルを取り巻く人間関係と

その感情も本当に見事に描かれている作品です。

最後にアン・ソヒョプは帰国子女‼兵役もスルー?

イケメン君、アン・ソヒョプは、1995年生まれの27歳!!

7歳の時に家族と共にカナダに移住しているので、カナダ国籍です。

17歳の時に韓国に帰国し、大学を卒業し2015年より芸能活動を本格的に始めているようです。

若干7年ほどの俳優活動でここまでの飛躍!!

これからの活躍が期待できる逸材と言えるのではないでしょうか。

187センチという長身。

そして美貌。

帰国子女ということもあり英語は堪能。

ヴァイオリンやピアノ、ダンスまでもが得意となると、もう芸能界で生きていくために生まれた!

と言っても過言ではない気がします。

そして、現在27歳ですが、30歳までに終えなければならない兵役も、国籍がカナダのため

彼自身が希望しない限り義務が生じません。

韓国経済に大きく貢献しているとしてBTSの兵役免除が国内で話題になっています。

韓国では、韓国男子たるもの兵役義務は果たすべきものという風潮がまだまだ根強いですよね。

BTSの兵役免除に関しても賛否両論。

兵役免除が免除になったとしても、メンバーの選択に大きな注目が集まることでしょう。

先日、日本国籍で韓国で活動していたカンナムが韓国国籍を取得したことが話題になっていました。

韓国の国籍を持つには、面接や試験を受けるなど、結構ハードルが高いとのこと。

カンナムは、父親が日本人、母親が韓国人でハーフという立場で韓国で日本国籍を持ちながら活動していました。

難関を見事に突破して韓国国籍を取得しましたが、ここでも、30を過ぎていたことから兵役を避けて

韓国国籍を取得した…と一部ではささやかれてしまいました。

2PMのテギョンアメリカ国籍を持っていましたが、彼は自ら望んで入隊し兵役義務を果たしています。

若手で注目度NO1のアン・ソヒョプ。

こちらでもしばらくざわつくのかもしれませんね。


Sponsored Link