七夕のお花ってあるの?




七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊などを飾り付けた笹飾りを作った思い出があるでしょう。

七夕は織姫と彦星が年に一度会える日、というだけでなんかロマンチックな気分になりますね。


そんな気分から恋人や奥様に何かプレゼントしたくなる人もいるのではないでしょうか?

七夕 キャッチアイ
気持ちを込めたプレゼントと言えば、代表選手はお花でしょう。

七夕に飾るお花ってあるのでしょうか?

お節句に飾るお花は、桃や菊など決まったお花がいくつかありますが、
七夕に飾るお花は特に決まっていません。

プレゼントするなら、その季節の何か素敵な花言葉を持つお花がいいんじゃないでしょうか!



Sponsored Link



七夕のプレゼントに良い花は?




女性から男性に、男性から女性に、それぞれ贈るのにふさわしい花言葉を持つお花には

どんなものがあるでしょうか?

女性から男性に贈りたいお花は?


桔梗・・・花言葉は、「気品」「永遠の愛」「清楚」です。

七夕 桔梗

なんだか織姫のイメージにぴったりですね!

風水では、桔梗を南に面した窓に飾ると仕事運が上昇すると言われていますので、

彼氏やご主人へのメッセージとしても素敵ですよね。

花菖蒲・・・花言葉は、「優しい心」「あなたを信じる」「忍耐」「諦める心意気」
「信頼」「嬉しい知らせ」です。

七夕 花菖蒲

立ち姿が美しい日本的なお花の花言葉は、こちらも女性らしい優しい花言葉です。

アジサイ・・・「無情」「移り気」「家族の結びつき」「家族団欒」「冷淡」です。

七夕 あじさい

一つのお花に相反する花言葉が並んでいるようですが、

アジサイの花の色が変化していくところから、「移り気」のようなことが言われますし、

逆にたくさんのお花が集まっていることから、「家族団欒」という花言葉も出てくるのですね。

男性から女性に贈りたいお花は?


ノウゼンカヅラ・・・花言葉は、「栄光」「光栄」「華やかな」「女性らしい」「愛らしい」などがあります。

七夕 ノウゼンカズラ

繁殖力も旺盛で、夏の日差しに向かっていくような力強さが男性的な印象です。

かすみ草・・・花言葉は、「幸福」「愛らしい」「清らかな心」「感謝」「無垢の愛」。

七夕 かすみ草

あまり知られていませんが、7月7日は「かすみ草の日」でもあります。


白いかすみ草が星屑に似ており、七夕伝説の天の川を思わせることが由来だそうです。

脇役を全うする控えめな役割からか、優しい花言葉がつけられています。

朝顔・・・花言葉は花の色によって違います。

七夕 あさがお

・紫色のアサガオ「冷静」「平静」
・青色のアサガオ 「はかない恋」「固い約束」
・白色のアサガオ「固い絆」「喜びに溢れる」
・西洋朝顔「愛着」

朝顔の別名は、「牽牛花(けんぎゅうか)」と言います。

牽牛とは、牛飼いの青年を意味する中国語で、彦星のことを指します。

この牽牛の花とされる朝顔の花が開けば、彦星と織姫が無事に年に1度の

出会いを果たせたとされ、縁起がよいとされています。


このいわれから、入谷で行われる朝顔市は、必ず7月7日付近に開催されるそうです。


Sponsored Link



こんなお花も!


花言葉が七夕にふさわしいというより、形状が星を思わせることから、

こんなお花もおすすめです。

デルフィニウム・・・やわらかく重なりあった花びらが星のようです。

七夕 デルフィニウム

また「幸運を振りまく人」という花言葉は、花嫁のブーケにもよく使われることから、付けられているそうです。

ルリタマアザミ・・・こちらもトゲトゲがユニークな星のようなお花です。

七夕 ルリタマアザミ

トゲをまとったような姿で、触ると痛そうなことから、

「傷つく心」「鋭敏」という花言葉がつきました。




七夕のプレゼントに良い花は?最後に




花言葉にこだわるか、にこだわるか、素敵なお花ばかりで選ぶのに困ってしまいそうですね。

あなたのセンスで気持ちを込めたお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?


Sponsored Link