紅白離れがヤバイ?2018の視聴率が…打ち切りや終了の噂もあるが…
紅白歌合戦。長寿中の長寿。テレビ番組の仙人みたいな存在になってますね。

今この記事を読んで頂けてると言うことは、ちょこっとだけでも紅白歌合戦の未来が気になってますよね?

ここでは、紅白歌合戦がこの先どうなるのか!を中心に調査したことを書きたいと思います。

紅白離れがヤバイ?2018の視聴率が…打ち切りや終了の噂もあるが…

紅白離れがヤバイ?


突然ですが、紅白を最初から最後まで見てますか?

正直、私はつまみ食い観覧です。なぜかと言うと・・・

「何となく、どんなアーティストがどんなパフォーマンスしてるか気になるけど、全部は見る必要がない」からです。

まったくとは言えませんが、同じような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

または紅白歌合戦自体、見ない方も多いですよね。他の局のバラエティ番組の方が、私的に面白かったりするし 汗。

「紅白歌合戦を見なくても年越せる」と誰かが言った


紅白が悪いわけではないの。だ~れも悪くない。なぜって、今は昔と違って視聴者が番組を選べる時代!

ジャンルも多様化していて、ケーブルテレビなども普及して、好みや気分に合わせて好きに変えられますしね。

最近では、パソコンなどで動画サイトのカウントダウン観戦!なんてのもありますもの。

そうよ!私達の年越しはつねにフリーダム 笑

これを踏まえると・・・。

「紅白歌合戦から国民が離れた」と言うよりも、テレビ番組に対する私達の選択の自由度が増し、それにメディア側も変化、対応し続けている。

視聴者は必要に応じてテレビ番組を選んでいるんじゃなかろうか?なんて思います。

紅白歌合戦もなんとか視聴者に対して「見て!見て!私変わったでしょ?」アピールを健気に頑張ってますよね。

頑張ってるのを見聞きすると「何となく気になる」のです。紅白ってまったく見向きされなくなることは、まだないと思いますね。

そうなの。紅白歌合戦は悪くないの。でも私達は見たいものを見たいのよ!それが紅白であれ、なんであれ。

2018の視聴率が…打ち切りや終了の噂もあるが…


年代別おおまか視聴率

●昭和37年~昭和50年
→70%前後~80%前後

●昭和51年~昭和63年
→50%前後~70%前後

●平成元年~平成20年
→39%前後~50%前後

●平成21年~平成28年
→40%前後~50%前後



視聴率15%になってしまうとマズい!らしいです 汗。

平成16年前後に39%まで落ち込む現象が起きていますが、回復傾向をたどりましたが、現在は安定してますね。

そして、打ち切りや終了の噂の真相ですが、今のところありえないようです。

例えば視聴率が現在の40%代から15%前後に落ちてしまったら、紅白歌合戦 in NHKさんも身の振り方を考えるのではないかと思います。

紅白では、その年の「話題の顔」となるアーティストや大人気アイドルグループなどを起用するので、視聴者15%にはなりにくいのかもしれませんね。

なので、しばらくは視聴率40%前後平行線をたどるのではないかと思われます。
これだけの視聴率をここ10年程は維持してるって、凄いことらしいですよ!

調べてみて分かったのは、昔むかし、視聴率50%なんか軽く超えてたんですよね。
国民の半分は見ていた計算になりますが、これは多分、言い過ぎかなと 汗。

紅白離れがヤバイ?2018の視聴率が…打ち切りや終了の噂もあるが…

まとめ!紅白離れがヤバイ?


紅白歌合戦の視聴率や打ち切りの噂を調べてみた結果。逆に国民の愛すべき長寿番組と言うことが分かりました。

アーティストも「夢は武道館と紅白!」と叫んでいらっしゃる方もいらっしゃるほど。
確かに私が紅白出れたとしたら(絶対無理)、天国のじいちゃんばあちゃんも喜んでテレビ見に帰ってきてくれるかもしれません 笑。