Sponsored Link

「明日」は2016年にデビューしたSF9のメンバーの1人ロウンが主演で話題となった作品!

NETFLIXで、4月より放送が始まりました。

就活中のロウン演じるジュンウンが自殺志願の浮浪者を助けようとして、昏睡状態に…

半分人間、半分魂の状態となったジュンウンが自殺志願者を助ける事を業務とする

危機管理チームに所属することから始まるドラマです。


Sponsored Link

話題のキャストは!!

ヒロイン、危機管理チーム長のク・リョンを演じるのはキム・ヒソン

もともと美しい女優の1人でしたが、髪の毛をショートにし、派手なドピンクの髪色にマスカラ…

私の知っているキム・ヒソンじゃなぃ~~~と思わず唸ってしまう程の別人キャラ並みのイメチェン!!

しかも、中学生の子供がいるママさん女優ですよ!!

劇中では、「地獄から戻ってきた」訳アリカリスマチーム長。

魅せています!!

ク・リョンに絶対?服従状態のチーム代理イム・リュングを演じているのはユン・ジオン。

どこかで見た!!最近みた!と思ったら、「別れの猶予1週間」の謎の男Xでした。

X…人間じゃない霊的な役回りだったような…同じ霊的な役でも「別れの・・・」

は結構冷徹な感じの役でしたね。今回は前作ほどではないですが、しかし、偶然とは言い

霊的つながりとは…(;^ω^)

 

そして、主役ジュンウンを演じえているのがF9ではリードボーカル担当のロウン。なかなかのイケメン君です。(ちょっとソン・スンホンを彷彿させるような…って思うのは私だけ?)

困っている人を見るとほっとけないタイプの熱血あんちゃん。

就活中なのですが、目指す大手企業はどこも縁故採用ばかり…

形ばかりの面接要員に使われるだけの自分に辟易しながら、偶然危機管理チームが

助けようとしていた浮浪者の自殺現場に居合わせ、偶発的に起きた事故で昏睡状態に…

昏睡状態から早く目覚めることを条件に危機管理チームで契約社員として働くことに・・・

ク・リョンやリュングを振り回しながらも、自殺を企てる人達は、死にたい人なのではなく

生きたい人なのだと気が付かされます。

エリートの死神、あの世である「走馬灯魂管理本部」への引き渡し管理長パク・ジュンギル

演じるのが、イ・スヒョク

原理原則を絶対曲げない冷徹な死神。

ク・リョン率いる危機管理チームの存在を快く思っておらず、

ク・リョンともよく対立している。

 

「走馬灯」の会長 玉皇 キム・ヘスク

でました!!私、大好き「冬のソナタ」でユジンのオンマ役ではじめてお目にかかって以来

さまざまな作品で、時には凄みのある悪役、時には温かみ溢れるアジュンマ役でお目にかかる

名バイプレーヤーのお1人。今回は、ク・リョンとある秘密の契約を交わし

➡ドラマの展開と同時に明かされてくるんでしょうね!!楽しみです。

反対の声が大きかった危機管理チームを発足させ、チーム長にク・リョンを任命した張本人。

ドラマを見て感じた事

死を選ぶ人は、総じて「弱い人間」と言われがちです。

ですが、現代社会では、心の中にある見えないコップに注がれるストレスという名の水が、
予告なしにコップを破壊してしまう。

そんな形で「死」を選んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ドラマでは、その苦悩やストレスをある意味わかりやすく映像化しています。

死神でありながら、そんな人々の心に寄り添い、ストレスや苦悩による心のコップを破壊を阻止する。

死神でなくても、心のコップの破壊は阻止できる…命の電話もその1つ。

「自殺志願者は生きたていたい人。生きることを望んでいる人」というク・リョンの言葉が響きます。

重たい内容のドラマではありますが、生きる事への希望が持てる作品になっていると思います。

最期に「明日」はNETFLIXで配信中!!

「明日」は現在NETFLIXで配信中です。

一挙公開にはまだ至っておらず、何話かまとめて週1で更新中です。

ク・リョンがなぜ、危機管理チームのチーム長になったのか…

ク・リョンの過去もドラマが展開していくうちには明らかにされていくのでしょう。

そちらの方も気になります。

引き渡し管理長のパク・ジュンギルとも関係ありそうですしね…

今後の展開が気になる「明日」お勧めです!!


Sponsored Link