反抗期のない子供は危険?将来反動で心が大人になれない弊害が?       

「反抗期」は
成長のプロセスの一つです。

心配する必要はありません。

反対に
「反抗期のない子どもたち」もいます。

反抗期のない子どもはどのように育つのか。

今回は、反抗期がない子ども達について
調べてみました。


Sponsored Link



反抗期とは

反抗期
反抗期は、自立するための準備期間。
自我の目覚めや成長として必要な
時期なのです。

なぜ反抗期がない事を
気にしなければならないのか。

それは反抗期は
自分の意見を言う
(コミュニケーションを学ぶ)時期
でもあり

反抗期があるからこそ
自分の意見が言えるようになるのだと
言えます。


なんでも自分の意見を通そうとすることが
反抗期では大切なことなのです。



反抗期がない理由

➀親と価値観が全く同じ

初めから自分の主張ができる環境。

親と価値観が同じで、親も子供の意見を
きちんと聞いている場合に反抗期がない
場合もあります。

➁自己主張ができない

本当は反抗したいのに
親に反抗することができない。

「反抗期が来ていない」のではなく
「来ているのに、心で押さえつけている」

パターンです。


Sponsored Link



反抗期のない子供は危険?将来反動や弊害が?

反抗期反動
反抗期がない理由の➁
「自己主張ができない」が危険です。


反抗できずに溜め込んでしまい
いつかは大爆発する可能性が
あるかもしれません。


自己主張ができないと
次のようなことが起こります

・「恋愛がうまくいかない」

・「仕事がうまくいかない」

・「生活に充実感がない」

・「自分が何をしたいのかわからない」


その結果、将来人間関係がうまくいかず、
「自分を大切にできない」
「他人を大切にできない」

という辛い毎日を送ることになります。


「充実感」から
一番かけ離れた場所で生活しているために


「何にも共感できない」
「自分が何をしたいのかわからない」
といった、ストレスが溜まってしまいます。


そのストレスが
他人や、世の中に向かって暴力という形で
爆発してしまったり
無気力な人間を作るなど
「心が大人になれない」といった弊害を及ぼします。



反抗期のない子供は危険?反動や弊害は?まとめ


うちの子の反抗期の時の自分を
振り返っています。


「押さえつけていなかったかな。」

「反抗したらママが可哀想と
我慢していたんじゃないかな。」

考えると怖くなってきました。。。


いやいや
ありましたよ反抗期 笑

血管ブチ切れそうになっていた日。
ありました、ありました。

そんな時、自分の反抗期を思い出し
「ふん。まだまだこんなもんか」と
子どもを小馬鹿にしていた自分がいました。笑


うちの子の反抗期の期間は短かったように思います。

でも・・・
反抗期にあってる最中は
長く感じていたのかもしれません。
いつ終わるんだ?と。

「終わってみれば、あっという間だった」
そんな感じかもしれません。

今となれば懐かしい思いでです。



反抗期がないのも、短いのも、
その子の個性。

あまり深く考えすぎないことも
親として大切なことかもしれませんね。



Sponsored Link