地球温暖化と言われて久しいですが、今年の
梅雨明け以降の猛暑には、外へ出るのも
おっくうになるほどです。

気を付けなければいけないのが熱中症ですが、
体がどのようになって発症するのでしょうか?
そして予防にはどんな飲み物がいいのか考えて
みます。


Sponsored Link






そもそも熱中症って?


熱中症 熱中症とは

わたしたち人間の体の中では、常に熱が作られています。
その熱は、皮膚から外ににがしたり、をかいたりして、
体の外へにがしています。

人間の体温が36℃前後に保たれているのは、
この体温調節機能があるためです。

ところが、気温や湿度が高い場所に長くいると、
体温調節機能が上手く機能せず、体の中の熱を外に
にがすことができなくなってしまい、

体の中に熱がたまって体温が上がったり
急にたくさんの汗をかいたりして、
体の中の水分や塩分が失われてしまいます。

汗で体から水分が出る際、最も失われるのは、
ナトリウム(塩分)です。
ナトリウムは、筋肉の収縮を助ける働きがあるので、
足りなくなると、筋肉のけいれんを起こしたりします。

さらに体温があがると、脳に影響がおよび、倒れたり、
意識の障害を起こすようになります。

こうした一連の症状の総称を熱中症とよんでいます。


Sponsored Link



熱中症予防にふさわしい飲み物って?


熱中症 飲み物

このような熱中症を防ぐには、日頃からの予防が大切です。
水分をこまめに摂ることが大事、と言われ
ますが、熱中症予防には、どんな飲み物が
効果的なのでしょうか?

熱中症予防対策として、財)日本体育協会では


0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml )と
4~8%の糖質


を含んだ飲料を推奨しています。


スポーツドリンクは胃から腸に素早く移動し、腸からの吸収も速いので、
脱水状態からの回復の速さがすぐれています。

糖と塩の成分が大事!?





熱中症 砂糖

熱中症予防の飲み物としては、

  塩分は塩化ナトリウム
  糖分はブドウ糖


がその成分であることが大事です。

が含まれていると、腸管での水分吸収が促進されます。

そしてブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時にあると
速やかに吸収されます。
そしてそれらに引っ張られ水分も吸収されるというメカニズムです。


市販の飲料では、
高血圧を配慮して、塩化ナトリウムの含有量を下げて、
代わりに塩化カリウムを入れているものや、
メタボ予防への配慮から、 ブドウ糖の代わりに果糖を入れたり、
中には糖質を全く含まない飲料も見られます。

熱中症対策で大切なことは塩化ナトリウムブドウ糖をしっかりと補給すること
なので、これでは回復が期待できません。

熱中症予防の飲み物レシピは?




さきほどの熱中症予防対策として推奨されている調合に従うと、

  1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)
  角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることができます。
  (砂糖はブドウ糖と果糖でできています)


これを基本レシピとして、
さらに効果を高めたりより美味しく飲めるように考えると、
いろいろなバリエーションが楽しめます。


疲労回復効果を高めるために…

熱中症 飲み物 クエン酸

クエン酸は疲労回復効果があるので、クエン酸、もしくは柑橘系の果物
レモン果汁などをお好みで加えると、さらに美味しく飲めます。

水分バランスを整え、足のツレなどの予防に!


熱中症 飲み物 フルーツ

カリウムは、細胞内の水分バランスを整える働きがあり、
不足すると足がつりやすくなったりするので、予防的にもカリウム
を多く含む果物を加え、ミキサーにかけるといいでしょう。

カリウムが多い果物は、バナナですが、
スイカなしブドウオレンジ
グレープフルーツにも多く含まれています。

カフェインを含む飲み物はNG?



緑茶、ウーロン茶など、カフェインを含むお茶は利尿作用があり、
逆に脱水症状を起こしやすくしてしまうので、熱中症予防としては
ふさわしくありません。
お茶ではノンカフェインの麦茶などが最も最適です。

高齢者におすすめのものも!


熱中症 飲み物 麦茶

麦茶は、カリウム、カルシウム、リン、亜鉛といったミネラル
含んでいて、ノンカフェインの熱中症予防には最適の飲み物です。

煮出した麦茶にお好みで砂糖を加えて冷やし、お茶うけに梅干しを添えれば、
クエン酸ナトリウムなどのミネラルも摂取できます。
さらに果物でもあれば美味しいティータイムになりますね。


まとめ




健康な人でも自分で思った以上に体の水分が失われていたり、
油断して体に熱がたまってしまうことがあります。
自分は大丈夫と過信せず、美味しく水分を摂ることを工夫して
楽しく熱中症予防しましょう!


Sponsored Link