Sponsored Link

椎名林檎のノリノリ・テンション上がる曲!歌いやすい曲も紹介!1




もし世界中で猛威を振るうコロナウイルスが
こんなにも人々の生活さえ変えてしまわなかったとしたら、
今年は、どうしても日本が
手に入れたかったオリンピック
東京で開催されるはずでした。


そんなオリンピックと言えば、
アスリートたちの4年に一度の熱戦もさることながら、
開会式の引き締まった式典や
閉会式の和やかでさわやかな選手の顔が
印象に残るとりわけ華やかな演出が注目される式典です。


その失敗の許されない式の演出を任された一人に
椎名林檎さんがいます。


椎名林檎さんと言えば、
どちらかといわなくても
ネオン派」の印象のある大人の女性です。


そんな椎名林檎さん
2020年までに自らの活動と並行して
オリンピックの準備にも携わってきました。


紅白に出場経験もある林檎さんですから
一般的によく知られているアーティストではと
思われるのですが、
大人の女性を全面的に出していることもあり、
好みはわかれるようなところがあります。


なので今回は、そんな椎名林檎さんですが
実はふり幅の広いアーティストで
ノリノリ、テンションの上がる曲
を紹介していきます。


Sponsored Link



椎名林檎と東京事変



椎名林檎さんをあまり知らない人は、
ソロで活動しているのか?
それとも東京事変のメンバーなのか
わかりにくいところがありますよね。


椎名林檎さんは先に1998年に単独でデビューを果たしています。
その後2004年に入り東京事変に加入する形をとっているので
個人活動の時には椎名林檎クレジットで行っています。


東京事変もまたまた名前は知っている
という人が多いと思いますが、
メンバー一人ひとりの才能は特別なもので、
有名なプロデューサーの
亀田誠二さんもメンバーです。


そんなただの楽器隊とは言えないほど才能豊かなメンバーと一緒になれば
いい曲ができるのも当然です。
そうして数々のヒットソングを生み出してきました


またほかにも
エレファントカシマシのミヤジとのデュエットなど
いろいろなアーティストと一緒にすることも多く、
その相手も豪華そのもの。


林檎さんのすごいところは、
常に上を目指し
セルフプロデュースを怠らない努力家でここまで来たというところです。



大人のカラオケには抜群に合う曲



自由へ道連れ



おそらくロックバンドだけに林檎さん自身が
セルフプロデュースしていたとしたら、こんな感じ。
セクシーでかっこいいパンチのある曲です。




TOKYO



林檎さんは、福岡出身。アーティストの多くがいろいろな
地方から東京にやってきます。


そんな地方出身のアーティストなら必ずと言えるほど
東京を題材にして個々の見方を唄った曲があるのように思います。




丸の内サディスティック



椎名林檎さんを知らない人でもこの曲は知っているのでは?
林檎さんの代表作と言える曲です。


丸の内や新橋をモチーフに
働くサラリーマンの哀愁を歌った曲
です。
飲み会でのカラオケにはぴったりです。



テンションノリノリの曲



本能


動画はこちら⇒本能


この曲も林檎さんの定番です。
ナース姿のイメージが
とにかく見ている人を引き付けあっといわせるプロデュースぶりでした。
昭和の歌謡曲のようなノスタルジーを感じる曲




人生は夢だらけ



いつもの妖艶さを全面に女性らしさを打ち出している曲ではなく
パリの小さなバルでひたむきに唄っている女性のよう。
1つのストーリー仕立てになったオペレッタのような壮大な曲。




あおぞら、かわいい。



林檎さんの曲の中では特別にかわいい曲です。
本来、林檎さんの声はきれいな高音ですから、
かわいい曲にとても合います。



カラオケで唄いやすい曲



永遠の不在証明



疾走感があり、さらにコナンの世界観がよく合ってます
林檎さんがコナンを描くとこうなるといったところでしょうか。




獣ゆく細道



ご存じ、エレファントカシマシのミヤジとのデュエット曲。
これもカラオケにはぴったりですよね。
だれか気になる人を誘ってみるのはいかがでしょうか。
もちろんセクハラにならない程度で。






椎名林檎のノリノリ・テンション上がる曲!歌いやすい曲も紹介!最後に



デビューして20周年の記念日に当たる今年はもしかしたら
なにか記念になることを考えていたかもしれません。


ですが、今の時点でできる最大のことは
これまでリリースしてきた全楽曲を
サブスクリプションサービスで配信することでしょう。


林檎さんはこれまでに188曲をリリースしていますから、
全部を配信すれば、ファンにとっても素敵な記念になりますよね。


Sponsored Link