銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!1
コミックでも人気を博し、アニメ実写映画も大好評と非の打ち所がないほどの優良コンテンツ「銀魂」

その「銀魂」は、主題歌やエンディング曲など銀魂関連の楽曲も優良なものが多いです!
ロックな楽曲が多いので、アニメファンだけでなく、邦楽ロック好きな方々にも認知されています。
そこで今回は「銀魂」のロック曲オススメランキングと題して、
銀魂の主題歌・エンディング曲のおすすめを個人的な独断と偏見のTOP10形式で紹介します。
どう選んでもかっこいい曲が勢揃い!


Sponsored Link



銀魂のロック曲おすすめ&バンド名をランキング形式で!


10位:VS/BLUE ENCOUNT




熊本出身の4人組バンドのBLUE ENCOUNT、略して「ブルエン」の銀魂タイアップ第2弾のこの曲を10位として、最初にご紹介!
銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!2
BLUE ENCOUNT

アニメでは329話~341話(2017年)までのオープニングを飾っていました。
終始、ハイテンションな曲調祭り囃子のようなリズムが頭に残って離れません!
個人的には最後のサビに向けての盛り上がり方が好みです。合いの手も入れやすく、歌っても楽しそう!

9位:ウォーアイニー/高橋瞳×BEAT CRUSADERS


ウォーアイニーのエンディングバージョン動画はこちら

以前にも銀魂のエンディングを担当していた高橋瞳と今は解散してしまいましたが、大人気(だった)バンドBEAT CRUSADERS(ビークルが愛称)がコラボレーションしてリリースされた2009年の曲。エンディングテーマでした。

銀魂の女性がキャラにフォーカスを当てた映像かわいらしい曲調が相まって、好きなエンディングに挙げる銀魂ファンも多いそうです!
ちなみに「ウォーアイニー」は中国語で
「私はあなたを愛しています」という意味。

8位:Pray/Tommy heavenly6




記念すべきアニメ銀魂の最初のオープニングでした。
放送開始の2006年の楽曲!

the brilliant greenのボーカルの川瀬智子さんの2つあるソロプロジェクトのひとつなのですが、
ポップな傾向のTommy February6と対を為す
ロック色の強い形態でこのTommy heavenly6を活動していました。
銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!3
the brilliant green

銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!4
Tommy February6

銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!5
Tommy heavenly6

もともとロック曲が売りのTommy heavenly6だったので、
この曲ももちろんロックになっていて、映像ともよく合っていた記憶があります。
今思えば、銀魂とロックのイメージはこの曲から既にあったのかもしれませんね!


Sponsored Link



7位:雪のツバサ/redballoon


雪のツバサのエンディングバージョンはこちら

25~37話の銀魂のエンディングを彩ったのはこれ!惜しまれつつ今年2018年に解散を発表したredballoonのデビュー曲です。

マイナーで少し切ないコードながらも疾走感のある曲になっています。エンディングの映像でも雪が降っていてとても趣があるものになっています。

6位:ワンダーランド/FLiP




銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!6
FLiP

沖縄出身のバンドFLiPの2012年のシングルも銀魂のオープニングを飾っていました!

終始テンション高めで進んでいくのは10位のブルエンの「VS」とも通ずる部分はありますが、
「ワンダーランド」は更にポジティブ成分が割増で含まれています。一切のネガティブは排除している感じが良いですよね!オープニングの華やかさを一層引き立ててくれます!

ワンダーランドのオープニングバージョンはこちら

5位:曇天/DOES




福岡出身のスリーピースバンドDOES
彼らは銀魂の曲を5曲提供しており「DOES=銀魂」のイメージが定着しました。

銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!7
DOES

「曇天」はオープニングを担当していました。
先程のFLiPの「ワンダーランド」はとびきり明るく、オープニングっぽさ全開の一曲でしたが、
この曲はうってかわってクールで荒々しい感じが新鮮です!

4位:サクラミツツキ/SPYAIR




SPYAIRも銀魂タイアップの常連組で、
今までゲームを含めると5曲銀魂関連の楽曲を手掛けています。
この「サクラミツツキ」「銀魂´ 一国傾城篇」オープニングテーマでした。

個人的に銀魂には和のイメージがあるので、
SPYAIRの銀魂タイアップ曲の中でもこれが1番気に入っています。
そして映像と曲を合わせるセンスが素晴らしいとつくづく銀魂のスタッフさんを感心してしまいます。桜の映像があっていてとてもキレイ!

サクラミツツキのオープニングバージョンはこちら

3位:修羅/DOES




再びDOESがランクイン!こちらはエンディングで、DOES初めての銀魂タイアップ曲です。
こちらも「曇天」と同じようにシンプルかつゴツゴツしたようなニュアンスの曲です。
DOESのボーカルの氏原ワタルさんは
最初はタイアップを毛嫌いしていたが、『銀魂』を読んで反骨精神パンクの要素を感じられたため断る理由がなかった
と言っています。そのイメージを曲にしたのが、
「曇天」「修羅」だといえそう。
そう考えるとこの2曲で反骨精神やパンクを表現したのかもしれません。

2位:DAY×DAY/BLUE ENCOUNT




10位でも紹介したブルエンの初めての銀魂タイアップ
になったこの曲を2位にしました。
「DAY×DAY」は2015年に発売され、
銀魂のオープニングテーマになりました。ブルエンにとってもブレイクのキッカケになった曲の1つ!

ブルエンにとっても初めてのアニメタイアップということでがむしゃら真っ直ぐで気合いの入る一曲になっています。それが銀魂の世界観とマッチして素晴らしいタイアップになったと思います。

1位:バクチ・ダンサー/DOES


バクチ・ダンサーMVはこちら

栄えある1位は銀魂の映画「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」の主題歌になったこの曲です!個人的にDOESが好きなもので贔屓目になってしまい申し訳ないところです(笑)

DOESの曲(銀魂曲に限らず)はイントロから「おっ!」と思わせる事が多く、シンプルなのにカッコいいものが多いです。

この「バクチ・ダンサー」もシンプル故のかっこよさに
磨きがかかった一曲
になっています。

タイトルの「バクチ・ダンサー」の「バクチ」は賭け事の「博打」ではなく、
「まっしぐらに進む」という意味の「驀地」の方だそうです。銀魂のイメージにもバッチリです!
今までの銀魂関連の楽曲で最大の売上を記録した一曲でもあります。


銀魂のロック曲(主題歌)かっこいいおすすめランキング!バンド名も!最後に


銀魂はバンドを中心とした
アーティストがタイアップを担当する事が大半です。
バンドは自分たちで曲を作り自分たちで曲を表現することがほとんどです。
同じアニメでもアーティストの数だけ表現が違うわけで、
「銀魂」という作品の奥深さがそれぞれの主題歌にも表れているようですね。

また、銀魂で曲を好きになり、邦楽ロックの入口になったという人も少なくないようで、
アニメとロック(バンド)の架け橋も銀魂は担っている気がします。

今回、泣く泣く入れたくても入れられなかった曲も
沢山ありますし、銀魂のオープニング・エンディングを
集めたアルバムもあるようです。

これを期に皆さんも銀魂のタイアップの曲を聴いてみてください!


Sponsored Link