Sponsored Link

あけましておめでとうございます!!

今年も、新旧かかわらず、面白いと感じたおすすめドラマや映画、韓流作品などなど、

独断でご紹介していきたいと思っております!!

どうかごひいきによろしくお願いいたします!!

2022年第1弾は松本潤主演の「99・9 刑事専門弁護士」です!!

この作品は日本初「刑事裁判」の専門ドラマ!ということで、かなり放送前から話題となりました。

嵐の松本潤が主役を張ったという事もあったのでしょうが、

ドラマ好きなおばさんもマスコミ同様かなり注目した作品でもあります。

日本の刑事裁判の有罪確立は99・9パーセント。

⇒逮捕されたら有罪がほぼ確定で…0,1%の無罪を勝ち取る弁護士の物語なんて

すごく痛快ですよね!!それだけでも絶対見たいと思った作品です。


Sponsored Link

期待通りのドラマ「99.9 刑事専門弁護士」

いきなりの事件再現から始まった「99.9…」

刑事ドラマや法医学ドラマでの現場再現シーンはドラマの要。

つかみはバッチリです。

刑事事件の専門弁護は弁護士の中でも避けたい専門分野なのでしょうか…

斑尾法律事務所の所長である岸部一徳演じる斑尾晴彦は弁護士会会長の座に就こうという野望家。

自らの弁護士事務所に「刑事事件専門の弁護士」を置こうと松本潤演じる深山をスカウト。

一度はスカウトを断った深山でしたが、相棒の赤石に泣きつかれて、スカウトに応じる羽目に。

金にならない刑事事件の専門弁護は受けたくないとごねる香川照之演じる佐田篤弘、

不本意ながら刑事事件の弁護に関わるようになったシーズン1のヒロイン榮倉奈々演じる立花綾乃らが中心となり深山に振り回されながらも0.1%の無罪勝ち取りのために遁走します。

内容が、ともすれば固くなりがちだと思われたのですが、深山と佐田の寒い親父風のダジャレ合戦や深山の突拍子もない行動や言動でコメディーっぽい要素も時折飛び込んでくるので飽きずに最後まで見入ってしまいます。

もしかしたら、0.1%の無罪を勝ち取るための弁護士物語が一見ふざけている作品のようにも取れますが、

私は、あくまでフィクション作品であるこのドラマが固くおどろおどろしいものでなくて良かったと思っています。

劇場版に登場する杉咲花のぶっ飛びぶりもいい味を作品に添えています。

99・9の主要キャストは

99・9

★深山 大翔:松本潤

父をえん罪により死に追いやられて以来、「真実」にこだわる弁護士に。
有罪、無罪は関係なく、ひたすら「真実」のみを追求する。
その追求ぶりは徹底しており、数多くのえん罪事件を解決している。
事件の全容解明が好調に進むとダジャレを連発し、1人受けてしまうという妙な癖がある。

99・9

★佐田 篤弘:香川照之

事務所の新所長となった佐田はとにかく事を荒立てることを避けたがる性格。
前任の所長、斑尾晴彦がスカウトしてきた深山の「真実」の追求ぶりに戸惑い手こずりながらもやがては、深山の真実の追求姿勢に賛同しよき協力者となっていく。
深山のダジャレについ対抗意識を持ち、2人でダジャレを言い合い、周囲が引いてしまうことも。

99・9

★河野穂乃果:杉咲花

司法修習を終えたばかりの新米弁護士。
「ロボット弁護士B」を愛読しており、決め台詞の「ビシ!」をハイテンションに叫びまくるぶっ飛びキャラ。

深山の弁護士としての姿勢にほれ込み、深山について細かくメモを取りまくります。

折に触れては、「ロボット弁護士B」の決め台詞とポーズを真似る穂乃果をたしなめる深山とのコミカルなシーンが重くなりがちなドラマの展開をコミカルに演出しています。

過去のヒロイン同様癖が強いといえます。

99・9
★赤石達也:片桐 仁

深山の相棒として付き合が長いパラリーガル。
何度も弁護士試験を受けるも落第をくりかえしている。

単独で行動していた深山を班目法律事務所のスカウトに応じるよう説得?したのも彼。

事件の再現の時にはいつも自ら体を張って頑張っている。

99・9

★班目晴彦:岸部一徳

弁護士会会長を目指している野望家でもあり、やり手の弁護士。

後継者として見込んでいる佐田の真価を問いただすために深山を刑事事件専門の弁護士としてスカウトし、弁護士会会長アピールのために弁護士達が避ける「刑事事件専門弁護士ルーム」を設立します。

他にも、個性豊かな俳優陣が脇を固めています。

主題歌は嵐!!

主題歌は、99・9のシーズン1と2021年の暮れに放送されたスペシャル版では嵐の「Daylight」が起用されました。

「Daylight」

2021年より年をまたいで現在公開中の映画では嵐の「Find The Answer」が使われています。

映画公開予告

どちらも、作品にあった前向きな元気が出る楽曲となっています。

嵐の歌は、聞いていて元気がもらえる前向きな曲が多いですよね。

現在は、リーダーの大野君が芸能界から離れて休んでいるため、グループ活動はされていませんが、私個人としてはどんな形でもいいので、嵐の素晴らしいハーモニーを新たな楽曲で聞ける日が来ることを願っています。

最後に現在映画が公開中

テレビドラマで話題となり、昨年の12月に映画作品の布石ともいえるスペシャル版が放映されました。

現在、「99・9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」が大ヒット上映中です。

昨年12月31日公開でしたので、まだ、上映はしばらく続くと思われます。

私も、非常に好きな作品なので、見逃さないよう近日中にも見に行きたいと思っています!!


Sponsored Link