90年代にニューヨークへ旅行や、
留学などの何かの形で滞在した人にとって、
「行かない方がいいよ」と
必ず言われる場所がありました。


それがセントラルバークを上がった地域の
ハーレムと呼ばれるエリア。


その地に一度立てば、
すぐに空気が変わり、やはり来てはいけなかったと
後悔するような所です。


そんな狂気に満ちた場所が舞台となるのが
「BANANA FISH」です。


今回は、この「BANANA FISH」の魅力をマンガとアニメの両方からみていきます。






Sponsored Link


BANANA FISHとは



その少し前の1985年から連載がスタートしたマンガです。
しかも連載先が少女漫画で、夢見る少女コミックとしては、
異例中の異例な連載でした。


その当時は、このマンガいい!なという話題は、
スマホがあるわけでもなく、
かなりの時間がかかるものでした。


ですが、
そんなすぐに拡散するという今とは違うものの、
さすがの若者は早かったです。
じわじわと人気が出始めるのを肌で感じるものがありました。


そして少女漫画という域を超えて若い男の子たちにも
圧倒的な人気を誇るようになっていきます。




その人気作「BANANA FISH」は、
当時からドラマ化やアニメ化をと期待する声もあったのですが、
たいていの意見として「無理がある」という見方がほとんどでした。


というのも日本人二人が
ニューヨークに到着するところから本格的な話がスタートするわけですが、
なんといってもそこで出会う人々はもちろん英語。
違和感なく日本人と、アメリカ人が普通に会話するシーンができるかということと、





またドラマ化されれば、アメリカロケ敢行となり、
特にマンハッタンでの撮影が長期化することが
困難だったことが理由でした。


またマンガでの人気が強すぎて
今でもその想いを胸に持ち続けている
多くのファンがいることも問題の1つでもありました。





なので、原作がドラマやアニメになることは、
個人の持つ思い思いの「BANANA FISH」を壊してしまうのでは?
という難題が解決できないままでいたのです。
なのでこれまでにアニメ化されることはありませんでした。





それが今回吉田秋生先生の40周年記念プロジェクトとして
遂にアニメ化に持ち込まれます。
そのことは、製作発表があった時から、
かなりTwitterでも難しいという意見が大半を占めました。



Sponsored Link



そしてアニメBANANA FISHが始まる。



それをフジテレビのノイタミア枠に2018年7月5日より、
その番宣として少しずつ主題歌の発表や
登場人物の顔を明らかにしていくことで、
アニメは始まりました。


  




 


一見、マフィアの闘争、闇の世界、ドラッグなど、
日本人としては、ほぼ馴染みのないテーマが
刷り込まれているバイオレンスものと思われがちです。


ですが人間味あふれるストーリーによって
日本人、アメリカ人という国も人種も関係ない
若い青年二人の絆が軸となるテーマとなっています。


ニューヨークのマンハッタンは、
歩こうと思えば上から下まで歩くことも可能です。
その限られた小さなスペースで
このストーリーは展開していきます。
そんな「BANANA FISH」を通じて、
人と人との区別することのない友情や背景を案内します。



アニメ化の発表後の愛読者の不安と始まってからの評判



今回の「BANANA FISH」連載開始は1985年からと実に33年も前からこの作品は始まっています。


なので、そんなに前の作品が起用されるということは、
その当時、読んでいなかった人も何らかのきっかけで
この「BANANA FISH」を見る機会があった。もしくは、
この本の噂をどこからか聞いていて読んでみた。そして
そこから陶酔していったのかもしれません。


ただ、1つ言えることは、先にあるように
この作品が好きな人にとって、
マンガの世界観で表現していることを、
実際に動くアニメに変わることで、
本来の原作の良さが損なわれてしまうのではないか
という不安でした。





それが「BANANA FISH」を、
監督を『Free!』の内海紘子氏
シリーズ構成を『いぬやしき』の瀬古浩司氏
キャラクターデザインを『同級生』の林 明美氏が担当し、
アニメーション制作を
『ユーリ!!! on ICE』のMAPPAが担当することによって、
よりマンガに忠実に、かつアニメのダイナミックさを加えて帰ってきました。
初回こそ違和感を感じることもありましたが、
それ以降の評判は、回を重ねるごとに上がって来ています



マンガとアニメの違う点は?



さらに「BANANA FISH」のコミックは、
全部で19冊というかなりボリュームのありものです。
(黒い文庫本版では、11冊)
それを、1クール、2クールに分ける形を使わず、
そのまま一気に疾走する予定と言われています。





また、原作本はベトナム戦争から帰還した負傷者という設定ですが、
ここもイラン戦争と時代を少しずらしています。


というのもこの作品を手掛ける上で、
新しい若者にもこの作品を知ってもらうために、
時代設定が現代に置き換えられていることが挙げられます。



BANANA FISHとは※若干ネタバレしていますが、本筋ではありません



ストーリーは、謎の「BANANA FISH」という言葉を残して、
主人公アッシュの前で死んでいく男性が
最後に放った言葉から展開していきます。
そしてアッシュは、
その男性から小さなネックレスを受け取ります。


アッシュは、ニューヨーク
ストリートキッズのボスとして生きる青年。
若干17才にしてハーレムにある
いくつものグループをまとめ上げ、
そのボスとして君臨している存在でした。


そのアッシュが受け取ったものには、
微量ながらも粉末が入ったロケット。


ストリートキッズにとって、
LSDや覚せい剤は、ごく身近にあるもの。
でも粉末が何なのかがわからない。


そこで、チャイナタウンにある
モグリで開業しているドクターの所で
調べてもらうことに。


ですがその病院との関わりは、
それだけではありませんでした。
薄暗い奥の部屋に車いすに乗った一人の男性がいます。


その男性は、アッシュの実の兄。
そこにアッシュは常に命を狙われているハーレムを避け、
廃人となった兄をかくまっていたのです。


その戦争から廃人になって帰還したアッシュの兄グリフィン
「BANANA FISH」という言葉に反応します。
そして錯乱状態に。
一体「BANANA FISH」とは、何なのか。


ドクターが冗談まじりに言った言葉が


>
「おい、今度はサリンジャーか?」
「え?知らないのか?
サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』
の中にあるんだよ。
バナナフィッシュって魚が出る話が。
で、その魚をみるとみんな死ぬんだ。」



とドクターが言います。


そしてバナナフィッシュ
アメリカの小説家J・D・サリンジャーの著名な短編集
『ナイン・ストーリーズ』
に収録されている短編小説
バナナフィッシュにうってつけの日」
みたいだとドクターはいいます。
それも近くはないが遠くもない推測がありました。





余談ですがマンハッタンに住むジョンレノンが襲われた時に、
犯人が読んでいたのもサリンジャーの本です。
「ライ麦畑でつかまえて」といえば、サリンジャーの
代表作なので知っている人もいるのでは。


サリンジャーは、アメリカではかなり有名な作家です。
ですが、全体的に彼の作品はかなり猟奇的な部分もあり、
毒々しいものも少なくありません。
なのでそこから推測しても
その不気味な薬がどうしても気になるわけです。


ただ「BANANA FISH」は、
作品の中で最初は幻覚剤の一種ではないかと
推測されてはいましたが、
正確な成分やその反応を把握するまでには至っておらず、
それが人なのかそれとも薬なのかすらわからない未知のもので、
しかも人に相当なダメージを与えることだけが
分かる程度で話は進んでいきます。


そこへこれまでに送り出されたLSDや覚せい剤などとは、
全く違う作用を起こす「BANANA FISH」に目をつける者が現れます。
それがアッシュと敵対関係にある
イタリア系マフィアのディノ


そしてこの薬の全貌が分かる時が来ます。


悪魔のような薬を開発したのは、
まだ医師になって間もない貧しい医師の3人が稼ぐために
作り出した偶然の産物でした。


一度その薬を飲めば、
ターゲットにした人物を自分が死ぬまで殺しに行く
そしてターゲットがいなくなれば、
あてのないそのターゲットを探し求め
最終的に自殺してしまう
というもの。
この薬を作り出した一人がグリフィンに投与し、
グリフィンが死んでいきます。


その偶然作られた悪魔の薬
を量産し、世界を潰すまでの取引をしようとしていたのがディノです。
それゆえ微量の粉末を持ち、
さらに「BANANA FISH」を知ってしまったアッシュ
ディノが追いかけることとなります。



「BANANA FISH」単なるギャングで終わらない理由とは



単なるマフィアの抗争や麻薬の密売の話だけなら、
読んだ人々に、これだけ長きに渡り愛読されることはないはずです。
それが、この本を読んだ人が
そのストーリに、感銘をうけ切なく抒情的な気持ちになるのには、
アッシュの、傷つきながらも運命に逆らおうとする姿があります。


見とれてしまうほど美しいアッシュは、
17才にしてハーレム一帯のボスとなります。
だが、アッシュにとっては、
美しすぎる自分の容姿によって
人生を変えられてしまった過去がありました。


それは日本では、想像もつかない辛い体験をします。
守ってくれていた兄グリフィン
戦場へと渡ったのち、
アッシュが1人にされてからのことでした。


アッシュは、ある日、
大人たちに襲われてしまいます。
アッシュは男の子です。
信じられないことですが
男の子にもそういう被害に巻き込まれるのです。


ですがそれは、アメリカにおいては、
特にめずらしいことではない不幸な出来事でした。


そこからアッシュの美しさに目を付けた大人たちによって、
マフィアのドンのディノへと引き渡されていきます。
まだ7才だったアッシュがディノに連れていかれ、
アッシュの哀しい少年時代が始まります。


ただ、ディノというマフィアのドンに気に入られたことによって、
飛びぬけた容姿とは別に、
たぐいまれな才能を開花させることにもなります。


ディノは、いずれは自分の片腕として、
もしくは養子となってディノを支えるよう訓練させます。


ところがIQ180という驚異的な頭脳を持つアッシュ
学ぶことで次第に自らの力をつけるようになります。


やがてニュージャージーにあるディノの屋敷を抜け出し、
そしてニューヨークのハーレムで生活を始めます。


そんな時に、日本からジャーナリストとその弟子が
アッシュを取材したいというオファーがかかります。


日本人ということで、
特に警戒もなく引き受けるアッシュですが、
その日本人の助手としてきた英二によって
アッシュの全てをもとに戻していくようになります。


助手という名目で連れて来られた英二ですが、
英二にもニューヨークに来たことに理由がありました。
もともと棒高跳びの選手だった英二は、
ケガによって治った後でも恐怖で
飛べなくなってしまった青年でした。


その英二の活躍をずっと取材していた矢部さんが、
どうにかして英二を立ち直らせようと
ニューヨークに助手として連れて来たのです。


とにかく英二は、だれに対しても自然なままで、
その姿にアッシュが心を開くようになります。
そこから英二は、アッシュの生きている世界に
自然に引き込まれていきます。


いつもなら誰も寄せ付けようとしないアッシュ
初めて心を開いたのが日本からきた英二でした。





アッシュ17才、英二が19才と年齢が近いこともありますが、
二人の傷ついた心が強い形で結びついたのです。
そして英二アッシュに出会い、精神的な強さを持ち始めます。
そんな英二は、飛べないはずの棒高跳びでアッシュの危機を救うために
鉄パイプで飛び越えます。


そして「BANANA FISH」を探す旅が始まります。


まだアニメでは、
初めの部分の話のところなのですが、
そのドンパチやっている部分だけを見て「BANANA FISH」は、
こんな感じという風に思うにはまだ早いんです。


ここからストーリーの最後の最後まで事件は起こります。
そして1巻から見て行くと、
その頃のアッシュが大人の顔になっていくことがよくわかります。
そしてアッシュの、
理不尽ななまでに哀しい世界を見ることになります。



変化していくアッシュの面白い(興味深い)シーンが一目でわかる図






これまでのアッシュなら、
決して弱みを見せることをしない青年でした。
それが、英二と出会ったことによって、初めて
自分の弱い部分を見せるのです。
哀しみを哀しいままで
さらけ出すことができる相手
にやっと巡り合えたシーンです。
そんな時のアッシュの涙が頬を流れる時、
その哀しいまでに美しい姿に見入ってしまいます。


そしてさらに登場人物が複雑化していきますが、
続きがますます知りたくなる
そんなアニメになるはずです。



気になる主題歌を歌うのは?






アニメもそうですが、
オープニングに入る時、
エンディングに入る時、
その入り方が
実にカッコよく洗練されています。
見ていてもあっという間に一話が終った
と感じてしまいます。


今回のアニメ化に楽曲を提供しているのが、


Survive Said The Prophet 通称「サバプロ」です。


「BANANA FISH」のオープニングテーマ
「found & lost」





バンドは2011年、東京にて結成。
次世代のロック・シーンの未来を背負った
インターナショナル・ロック・バンド


数えきれない本数のツアーで鍛え
卓越したギミック無しのバンドサウンドと、
ネイティブな英語を操るバイリンガルのボーカリスト、Yoshの圧倒的な歌唱力
カッコイイ迫力が満点です。


2011年結成とまだ若いバンドですが、
国内、海外問わず人気があります。


すでに「When i」においては、
インディーズオリコンチャートで1位も獲得していますし、


2017年からのサマーソニック2017
COUNTDOWN JAPAN
SATANIKCU KARNIVAL2018
フェスの参加も決まっています。



メンバー


Yosh Morita – Vocal (Ex.YesterdayFall)


Tatsuya Kato – Guitar (Ex.FAKE FACE)


Ivan Kwong – Guitar


Yudai Kato – Bass/Scream (Ex.Underland)


Show Okada – Drums



またこれから回るツアーは、以下の通りです。

2018.08.25
活性の火’18 -まちなかに活性の火をともせ-
苫小牧駅前通り3会場特設4ステージ
北海道2018.08.26
八食 SUMMER FREE LIVE 2018
八食センター駐車場特設ステージ
青森県2018.09.01
ONA FES 2018
いわき市 三崎公園・野外音楽堂
茨城県2018.09.16
New Acoustic Camp 2018
群馬県利根郡みなかみ町水上高原リゾート200 ゴルフコース
群馬県2018.09.23
SOUND JUNCTION
ベルサール渋谷ガーデン
東京都2018.10.05
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
豊橋club KNOT
愛知県

2018.10.07
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
大分club SPOT
大分県

2018.10.08
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
長崎Studio DO!
長崎県

2018.10.12
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
千葉LOOK
千葉県

2018.10.13
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
水戸LIGHT HOUSE
茨城県

2018.10.14
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
横浜FAD
神奈川県

2018.10.19
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
秋田Club SWINDLE
秋田県

2018.10.20
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
八戸FOR ME
青森県

2018.11.09
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
周南LIVE rise
山口県

2018.11.10
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
出雲APOLLO
島根県

2018.11.11
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
livehouse IMAGE
岡山県

2018.11.16
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
富山 SOUL POWER
富山県

2018.11.17
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
金沢vanvan V4
石川県

2018.11.18
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
新潟CLUB RIVERST
新潟県

2018.11.22
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
高崎club FLEEZ
群馬県

2018.11.23
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
郡山#9
福島県

2018.11.25
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
宇都宮 HEAVEN’S ROCK
栃木県

2018.12.07
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
京都MUSE
京都府

2018.12.08
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
神戸KINGSX
兵庫県

2018.12.09
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
香川 DIME
香川県

2019.01.11
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
札幌 cube garden
北海道

2019.01.13
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
盛岡CLUB CHANGE WAVE
岩手県

2019.01.14
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
仙台MACANA
宮城県

2019.01.18
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
福岡Queblick
福岡県

2019.01.19
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
FANJ twice
大阪府

2019.01.20
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
ell.FITSALL
愛知県

2019.02.03
s p a c e [ s ] TOUR 2018-19
マイナビBLITZ赤坂
東京都

 

さらにEDは、


「King Gnu」(きんぐヌー)『Prayer X』です。




元々、原作の読者であったというキーボードとボーカルを務める井口理は
「幼い頃、兄弟の部屋の本棚に並んでいた
「BANANA FISH」』を当時夢中になって読んでいたと言っています。


「この不滅の作品と、
こうしてまた巡り会えたことを心から感謝致します」
と喜びのコメントも。


『Prayer X』は誰しもが持つ葛藤と祈りの歌なんだと僕は思います」
と楽曲に込められた思いを語っています。


バンド名は、由来である“Gnu=ヌー”が、
春から少しずつ合流して
やがて巨大な群れになる習性を持っており、
自分たちも老若男女を巻き込み
大きな群れになりたい

という思いから名づけられたバンドなのだそう。
さらに結成が若く2015年から活動を開始しています。

常田 大希(つねた だいき)
ギター、ボーカル担当井口 理(いぐち さとる)
ボーカル、キーボード担当

メンバーは、4人ですが、
そのうちのこのお二人が
なんと東京芸術大学出身という、
音楽における様々な知識や技能を持ち合わせた人たちです。
そのあたり今後も活躍が期待される所です。



アッシュたちの住むマンハッタンとは






ディノに捕まって連れて来られたのがニュージャージー
そこから逃げてストリートキッズになったのが
ニューヨークのマンハッタンです。
よくテレビに映るあの場所です。


そしてストリートキッズとして生きている場所が
紫の位置にあります。


ですが、日本と違いニューヨークには、
あらゆる世界中の人間が集まり、
マンハッタンにその人達が密集しています。





ですからどうしても同じ人種が集まっている地域があったり、
危ないといわれてあまり一般の人が
住みつかないような場所が
実際に存在します。


写真のロックフェラーセンターは、

最初に英二が待ち合わせをした場所です。
ニューヨークの中でも特に有名で目立つところです。

ハーレム



同時多発テロ以降のニューヨークは、
そのテロの脅威から市民を守るために
危ない地域などを一掃し、
地下鉄でさえ普通に乗れるようになっています。


そしてアッシュが住んでいるあたりの地域のハーレム
最近では、大丈夫なエリアもあります。


ただ、道路挟んで隣の道沿いは、
知らないで入ってしまって
事件に巻き込まれることも
まだまだあります。


そしてアッシュの心の友だった、
ショーターチャイニーズアメリカン
アメリカの中でも最大級の規模を誇る
チャイナストリートが住処です。
地図の黄土色のエリアです。


そこにグリフィンをかくまっていた
ドクターの診療所があるのですが、
とにかく華僑の結束を感じます。
そしてチャイニーズでもチャイニーズでストリートキッズは存在し、
そこでの縄張りの上にチャイニーズマフィアがいます。

チャイナタウン



イタリアンマフィアのディノでさえも
チャイニーズマフィアの凄さには、
向かっていくことはありません。


取引には応じますが敵にするには、
とてつもない力を持っているのがチャイニーズマフィアです。



意外な人からのコメントと感想、最後に



このマンガの最後のエッセイには、
この本を読んだ有名な人達が投稿しています。
その中でも文庫本第一巻の終わりのコメントは
ミュージシャンでありニューヨーク在住の
坂本龍一さんです。


おもわず坂本龍一さんがマンガを読むことにも驚きましたが、
それ以上に このマンガに対する賛辞にも驚きます。


大人にもてあそばれ、
それでも懸命に生きようとするアッシュ
その魂の叫びが届いた英二
やりようのない気持ちと
海のかなたでは起こりうるそんな出来事

ぜひアニメでもマンガでも体験してみてください。


そして最後にアッシュが訪れる場所。ニューヨーク市立図書館です。

Sponsored Link