back number tour(アリーナツアー)2019のセトリ!日程やチケットも!1

2004年にバンドを結成した3ピースロックバンドback numberの勢いが止まらない。
back numberと言えば
だれもが想像するせつない男心を綴った
独特の男性目線の曲の数
々。
そんなback number2018年ドームツアーを終え、
さらに2019年全国アリーナツアーが発表されました。


曲を聴けば、
誰もがじわーっとせつなくなる
back numberのことと
2019年から始まる全国アリーナツアー
合わせてご紹介します。



Sponsored Link



back numberとは




2004年にバンドを結成し、
そして一般に知られるところとなったのは
2011年「花束」あたりからではないでしょうか。


ヴォーカルギターの清水依与吏さん(34才)
ベースコーラスの小島和也さん(34才)
ドラムスの栗原寿さん(33才)
群馬出身3ピースバンドです。


いきなり火が付いたような印象が強いのですが、
back numberは、バンドを結成してから
メジャーデビューの前にもFM群馬「ROCKS2007」で
準ベストロッカーを受賞
しています。


ローカルからの出発ですが着々と成長を続け
メジャーデビューを2011年に果たしています。


さらにすごいのは、
2011年「はなびら」でデビューした2年後の2013年には
もう日本武道館でのワンマンライブ
「back number live at 日本武道館 -stay with us-」

を成功させています。
しかもチケットは即日Sold outという驚異的なスピードです。


そしてまたまたさらに2014年には
横浜アリーナでの初のアリーナツアー
「love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」
を開催し、
これもまたまた即日Sold outという
順調すぎるまでに順調な滑り出し
をして今に至ってます。



Sponsored Link



スピード出世の陰には高嶺の花子さん




そんなback numberをスピード出世させた背景には、
初の日本武道館から横浜アリーナの間のシングルに
「わたがし」「青い春」「高嶺の花子さん」
大ヒットがあります。
back number tour(アリーナツアー)2019のセトリ!日程やチケットも!2

この3つの曲は
back numberの代表曲といってもいいほど人気があり、
どれかを知っている人も多いのでは。


特に「高嶺の花子さん」がヒットしたその年は、
行く先々の文化祭や学園祭で
必ずと言っていいほど、
どこかのバンドがコピーしていたくらい
ライブで大人気だった曲でした。



back numberのはじまり




back numberは、
清水依与吏さんが作詞・作曲を担当しています。
そしてもともとback number
バンド名を付けたのも清水依与吏さんです。


そこには、当時付き合っていた彼女に振られてしまい、
そのことを考えながら
「自分は元彼になってしまった、本で言うなら旧刊だ」
という心境に至ったそうです。
なので、英語表記でback number
バンド名を付けたのでした。


そんなちょっとしょぼくれた感じになってしまった清水依与吏さんですが、
それまでバリバリのスポーツマンで、
高校では槍投げ、走り幅跳びをやっていた
と言います。
県大会にも出場した経験もあるスポーツマンです。


さらに加えますと中学生の時 4×200mリレーで
全国大会に出場し8位に入賞
しています。
また4×200mリレーの記録は
現在、群馬県記録保持者
運動抜群の清水依与吏さんでもあります。


なので、音楽には無縁だった人生を送って来ています。
そして彼女の新しい彼氏さんがバンドマンだったことから、
オレもバンドを!
と始めたのがback numberの誕生物語です。


ですが実はその前にも彼女に1度ふられています
その時は、彼女がお笑いを大好きだったことから、
彼女のためにお笑い芸人になろうと
本気で考えていた
とのこと。
なので、もしそのまま芸人さんになっていたとしたら、
東京03のような3人組の
お笑い芸人になってテレビに出ていたかもしれませんね。



自分の経験が曲となるタイプ




ここまでのエピソードでもおわかりだと思いますが、
清水依与吏さんは、なかなかの恋愛体質のようです。
そしてその体験を通じて感じたことや、
彼女に言いたかったことなどを曲詩に綴っています



back numberがメジャーになるまで、
失恋や恋の唄というものは、
ほとんどが女性目線で描かれたものがほとんど
でした。


それがback numberが登場し、
今度は少女漫画に出てくるような告白だの好きだのそういった胸のうちを
男性目線で感じたままに描きます



「高嶺の花子さん」

「君からみた僕はーーー、、、うん」



とそこには、
おそらく君から見た僕はそれほどでもないよなあ、、、うん。」
と自分で想像して自分で答えている

「そんな男だって好きだからってすぐに告白できる、
すぐに立ち直れるなんてないよ」
と言いたげな心の中での複雑な境地を言葉にして曲にするのが
back numberの得意とするところです。


こんな曲詩のように、
好きでも好きだと言えない男性は、
少なくとも一人ではないはず。
みんなが自分に自信があって、
誰もが自分のことを好きって言ってくれる
なんてあるわけないよな
。といったところです。


その好きな人ができた時の心の「あるある」を表現するのが
back numberの得意とするところ。
back numberの最大のポイントは、
その清水さんの作る詩にあります。
back numberの曲は、
ほとんどが男性目線で構成されています。
加えてその曲に登場する人物がかなり等身大な設定、
なのです。


男だって、泣きたいし、彼女に行かないでと言いたい。
そのナイーブな心情をありのままに表現しているからこそ、
かっこつけていない
back numberの魅力につながります。


さらに曲詩のようにうじうじしている感情を
バラードや弾き語りで表現するのではなく、
メロディアスで疾走感がある
ロックテイストに仕上げる
ことが、
back numberの曲を最大限に生かしています。


それによってフレーズも耳に残り、
忘れられない曲を生み出します。


back number tour(アリーナツアー)2019のセトリ!日程やチケットも!5


新しい化学反応




そんな清水依与吏さんの曲に化学反応が起こり始めます
清水依与吏さんのよく聴いていたアーティストの中に
槇原敬之さんMr,Childrenをあげています。


そのMr,Childrenを長い間プロデューサーとして、
また演奏にも加わり一緒に活動をしてきた小林武史さん
back numberのプロデューサーとしてやってきます。


小林武史さんは、言わずと知れた
日本の有名ヒットメーカーの一人です。
その小林武史さんback numberに加わることで、
これまでにない世界を引き出すこととなりました。
back number真骨頂である男性目線でのせつない気持ちを綴った曲は、そのままに、
さらにアップテンポなリズムを残し、
さらに大胆な部分や迫力も打ち出し
あらたな世界を引き出しています



それを証明するかのように
19枚目のシングルのMVには、
今までなら美人で、かわいく、
遠くから見つめる視点から女優さんの姿を映像化したものがほとんどでしたが、
back number初の男性が主演するMVが
披露されています。


しかもこれまでの「僕なんて見てくれるわけないよな、、うん」ではない、
今注目の大和孔太(1994年11月5日生まれ、熊本県出身。身長175cm)が出演しています。
そんなところからもback number
着実に変化していることがわかります。



back numberの人気曲ランキング




では、back numberのどんな曲に人気があるのか、ここでランキングを紹介します。
人気曲がライブで披露される確率は高いので、この中に
次のツアーで聴くことができる曲があるかもしれませんね。



             リリース日
1位 クリスマスソング 2015/11/18
2位 瞬き       2017/12/20
3位 ハッピーエンド  2016/11/16
4位 大不正解     2018/08/22
5位 ヒロイン     2015/01/21
6位 僕の名前を    2016/05/25
7位 SISITER     2015/05/27
8位 手紙       2015/08/12
9位 FISH       2014/02/05
10位 高嶺の花子さん  2013/06/26



となっています。これを見ると
「クリスマスソング」などは、
すっかり季節の定番になっていることがわかります。



2019年のドームツアー日程とチケット


back number tour(アリーナツアー)2019のセトリ!日程やチケットも!3

2019年4月20日(土)静岡を皮切りに、
「back number tour 2019」がスタートします。
その史上最多36公演全国アリーナツアー
以下の日程となっています。



・4/20(土)~4/21(日)
静岡エコパアリーナ(小笠山総合運動公園エコパ)(静岡県)
・4/27(土)~4/28(日)
盛岡タカヤアリーナ(岩手県)
・5/3(金・祝)~5/4(土)
長野ビッグハット(長野県)
・5/18(土)~5/19(日)
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター (新潟県)
・5/25(土)~5/26(日)
北海きたえーる (北海道)
・6/1(土)~6/2(日)
さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)
・6/8(土)~6/9(日)
別府ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) (大分県)
・6/22(土)~ 6/23(日)
広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館) (広島県)
・6/29(土)~6/30(日)
愛媛県武道館(愛媛県)
・7/6(土)~7/7(日)
横浜アリーナ(神奈川)
・7/20(土)~7/21(日)
三重県営サンアリーナ(三重)
・7/25(木)~7/26(金)
日本武道館(東京)
・8/3(土)~8/4(日)
和歌山ビックホエール(和歌山)
・8/10(土)~8/11(日)
サンドーム福井(福井)
・8/17(土)~8/18(日)
セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城)
・8/23(金)~8/24(土)
大阪城ホール(大阪)
・8/31(土)~9/1(日)
マリンメッセ福岡(福岡)
・9/20(金)~9/214(土)
沖縄コンベンションセンター展示棟(沖縄)

チケット料金
7,500円(税込)全席指定です。




気になるセトリは?


back number tour(アリーナツアー)2019のセトリ!日程やチケットも!4

2019年の4月からスタートするツアーですから、
セットリストは、出ていません。
が2018年の京セラドームの際のセットリストを
もう一度思い出しながら、
どういうセットリストになるか想像するのも楽しみですね。



01.瞬き
02.SISTER
03.ARTIST
04.青い春
05.チェックのワンピース
06.エンディング
07.ハッピーエンド
08.ゆめなのであれば
09.半透明人間
10.海岸通り
11.西藤公園
12.重なり
13.クリスマスソング
14.ヒロイン
15.stay with me
16.大不正解
17.MOTTO
18.スーパースターになったら
-アンコール-
19.ネタンデルタール人
20.オールドファッション
21.ささえる人の歌
22.高嶺の花子さん



16番目に「大不正解」が(新曲)で入っていますから、
ここは当確でしょうか。




back number tour(アリーナツアー)2019のセトリ!日程やチケットも!最後に




ライブは、その会場となる場所の広さによっても
大きな違いがあります。
特にドームの難しさは、
ホールのように演奏に合わせた設計にできているわけでもなく、
広さゆえの音の広がり、
ステージのセットの大きさなど
特別なセッティングが必要なこと
です。


2018年の盛り上がりを見ると、
そんな問題もクリアして順調に終了
したようです。
次のツアーは、さらに楽しめること間違いなしです。


Sponsored Link