Sponsored Link

M愛すべき人がいては実話なの?

Mあいすべきひとがいて1

「M愛すべきひとがいて」はノンフェクション作家小松成美による、フェクションです。

Mあいすべきひとがいて1

さまざまな、大手事務所から、売れっ子になる素質はないと見放されていた浜崎あゆみを大スターに育て上げたエイベックス社長の松浦勝人と、浜崎あゆみの大恋愛から別れまでを赤裸々に描いた作品です。

出版前から話題になり、発売日には大々的にマスコミが取り上げた事で、衝撃的な内容が、浜崎あゆみの女性ファンはもとより、浜崎あゆみと同世代の女性達の大きな共感を呼びました。

作家の小松成美は、浜崎あゆみと勝浦勝人の2人と周囲の関係者に詳細なインタビューをして、本をまとめています。

ほぼ、実話に近い内容でありながら、小説と言う形態を取ったのは、完全なフェクションにすることで、登場人物の事情で書けない内容がでてきてしまうため、あえて、小説というジャンルにしたと言われています。

「事実を元にした文芸作品」であり、小松成美が著名なノンフェクション作家であったことから、実現した「ドキュメンタリー小説」「ノンフェクション小説」という新しいジャンルで位置付けられています。

原作や主題歌は?

Mあいすべきひとがいて3

「M愛すべき人がいて」は小説が書かれた時点で映像化されることが決まっていました。

2019年10月に中居正広がMCを務める「金スマ」では特別編と言う形で「M愛すべき人がいて」を再現ドラマと共に特集し、大きな反響を呼びました。

その中で、浜崎あゆみをスターダムにのし上げた名曲の数々は、すべて松浦勝人に向けられた、浜崎あゆみの恋心、愛情だったと明かされました。

「金スマ」では再現ドラマと言う形ではありましたが、その内容は、かなり衝撃的でした。

実は、私も「M愛すべき人がいて」はかなり出版前から話題になっているんだぁ~程度は知っていましたが、なんとなく見た「金スマ」の特集の再現ドラマ、あまりにもドラマチックくで思わず見入ってしまった1人です。

50代のおばさまの私でも、共感できる部分があり、少々驚きました。

大恋愛しながらスターになったがゆえに悲恋に終わった恋。

ドラマチックです。

再現ドラマでもドラマチックだった作品ですが、

2020年4月18日(土)PM11:15より

朝日放送で放送開始です!!


Sponsored Link

出演者は?

出演者も実に豪華!!

特にあゆを演じている安斎かれんは、若い頃のあゆにそっくりだと話題になっています。

Mあいすべきひとがいて3

安西 かれん

プロフィール
1999年8月15日生まれ
神奈川県出身
2019年歌手デビュー
「M愛すべき人がいて」は女優デビュー作品

そして松浦勝人を演じるのは、今旬の若手俳優の1人三浦翔平。

こちらも、本人を十分意識したいで立ちが注目されています。

Mあいすべきひとがいて1

三浦翔平

プロフィール
1988年6月3日生まれ
東京都出身
2008年「ごくせん シリーズ3」で俳優デビュー

他に個性的なトレーナー天馬まゆみ役に水野久美

マサに嫉妬し、何かと足を引っ張る大島社長役に高嶋政伸(最近、この手の役が多いよなぁ~)

マサと対立する中谷プロダクション社長役に、高橋克典と、脇を固めるメンバーも主役級の大物俳優が勢揃いしています。

最後にドラマを知ると、あゆの歌がより深い味わいに

スターダムにのし上がる浜崎あゆみの背後には、大きな恋愛があった。

そして、彼女が手掛けた楽曲のすべてには松浦勝人への愛情が込められていた・・・・

その事実を知った上で、「M愛すべきひとはいて」を初めとした楽曲を聞くと、また違った印象をうけるのではないでしょうか。

ファンの中には、楽曲に込められた浜崎あゆみの愛情を生々しく感じてしまい、それに嫌悪感を持つも人もいたようです。

私個人の感想をいわせてもらうなら、ひたむきな愛情は、どんな困難も乗り越えることができるんだなという事。

小説のト書きに「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」とありますが、
浜崎あゆみの松浦勝人への愛情は、それほど一途で深い物だったのだと思います。

そうでなければ、今の「浜崎あゆみ」は存在しなかったでしょう。

さまざまな話題を振りまき、時には、心無いバッシングをうけてもなお、最前線で歌い続けることを辞めなかった背景には、強い、愛情と絆を感じます。

私より、若い女性ではありますが、彼女の意志の強さ。

この作品を通じ彼女の生きざまに賛否両論はあるでしょう。

でも、好きなくとも、誰にもまねできない、壮絶な人生を歩みながら、浜崎あゆみは「歌姫」になった。
本当のダイヤの原石が松浦勝人への愛情という研磨剤で磨かれて大きな光輝くダイヤとなったのだなと感じる人は多いのではないでしょうか。


Sponsored Link