Sponsored Link

相棒1

「相棒」は、2000年から水谷豊を主演にテレビ朝日系列で放送されている刑事ドラマです。

もともとは、「土曜ワイド劇場」で単発物としてお茶の間には登場し、人気の高さから、2002年の10月より連続ドラマになりました。

主役・杉下右京を演じる水谷豊はどんな俳優?

相棒2

「相棒」といったら水谷豊の杉下右京。

すっかりドラマの顔となっています。

水谷豊は、現在68歳。

テレビを見たときに、画面の中で活躍する俳優に憧れ、13歳の時に劇団ひまわりに入団、手塚治虫作品の「バンパイア」で主演しました。

相棒3

月を見て狼に変身する特殊撮影は、当時話題になりました。

相棒4

直後、演技力を買われ、岩下志麻主演の「その人は女教師」で映画デビューも果たしました。

その後、テレビに出るという目的を達成したことで、芸能界からは身を引き大学への進学を試みます。が大学受験に失敗。

働きながら浪人生活を送ります。

しかし、自分のしたい事を見直したくなり、野宿をするような生活を強いられる中でアルバイト感覚で再度、芸能界に戻りました。

相棒5

当時人気だった刑事ドラマ「太陽にほえろ」に犯人役で出演し、刑事役の1人で人気があったショーケンこと荻原健一が自らの主演作品「傷だらけの天使」に水谷豊との共演を強く希望しました。

水谷豊はこの作品で知名度を上げることができました。

相棒6

1970年代にヒットしたドラマ「赤いシリーズ」「赤い激流」では、ピアニスト役を演じ、猛レッスンを積み見事なピアノ演奏を披露しています。
相棒7

「赤い激流」で披露していた「英雄ボロネーズ」は「相棒」3シーズン(2005年)第15話の「殺しのピアニスト」でも、披露しています。

1978年より放送が開始された「熱中時代」は教師偏と刑事編は視聴率が驚異の40%越えを記録。

現在の水谷豊の大きな布石となる作品となっており、長年に渡り、数多くのシリーズ作品をこの世に送り出すきっかけをつかんだ作品とも言われています。

「相棒」は2000年より放送が開始されました。

最初は「土曜スペシャル」で単発ドラマで放映されていましたが、2002年よりシリーズ化され
現在は、第19シーズンが放映されています。

歴代の「相棒」パートナーを紹介しましょう。


Sponsored Link

相方(歴代)名前や相方役キャストの方も紹介!

初代相棒 亀山薫(かめやまかおる:寺脇康文)2000年~2008年 pre season~season7 第9話

水谷豊演じる杉下右京のパートナーとして8年という長きに渡りバディーを組んできました。

私は、まさしく同世代の寺脇康文が大好きだったので、このままず~とバディーを組んでいただいてもよかったのですが、長くコンビを組むと大人の問題も勃発するようで・・・・

ドラマでは、NGOで奉仕活動をしていた友人が殺害されたことをきっかけに彼の意志をついで、刑事をやめ、サルウィンへ妻と共に旅立っていきました。

2代目相棒 神戸尊(かんべたける:及川光博)2008年~2012年 season7 第10話~season10

クールな自信家で、初代の相棒の亀山とは対照的なタイプ。特命係に配属された当初は、右京に「君は亀山君の代わりにはなりえません!!」と距離を置かれるも、執拗なほどに右京に興味と関心を示し、あしらわれながらも、行動を共にするうちに、右京と相棒としての信頼関係を築き上げます。右京の行動を探るスパイとしての立場にやがて疑問を抱くようになります。

最終話では、クローン人間に関する殺人事件で、右京と激しく対立し、自ら法を犯してでも右京の信念を曲げようとした罪悪感から、右京のもとを去ろうとします。が、右京の言葉に再びバディーを組もうと思いなおすも、上層部の策略で警察庁長官房付へ移動になってしまいます。

警視庁へ移動後も、右京との交流は続いているという設定のため、のちの作品にもたまに登場しています。

相棒12

3代目相棒 甲斐亨(かいとおる:成宮寛貴)2011年~2013年 season11~season13

相棒最年少。

右京とは、交番勤務を経て念願の刑事となった記念の旅先で偶然事件を介して出会い、右京に刑事として認められ右京自らが、スカウトして特命係に配属になっています。

相棒の中では、唯一警視庁内に次長としての父親を持つ御曹司。

若さゆえの熱血体質が、初代の薫以上のトラブルメーカ。

相棒の中では唯一被弾している甲斐亨。

本来は被弾したseason12の最終話で「殉職」という形での卒業が予定されていましたが、二人のバディーぶりの人気が高かったことから、ストーリーが急遽変更となりました。

最終的には、警察官であることを利用し、犯罪者の仇討ちを行ったことで右京に逮捕され、右京もまた、その責任を取らされる形でイギリスへ出国を余儀なくされてしまいました。

これで、事実上コンビのコンビ解消となりました。

4代目相棒 冠城亘(かぶらぎわたる:反町隆史)2015年~現在 season19~現在

そして、現在の相棒が、反町隆史演じる冠城亘。

2015年登場ですから、今年で6年目。

こちらは、水谷豊と公私ともに親しい間柄であると、業界内でも有名なことから、水谷豊自身の強い押しもあるといわれている事からバディーはしばらく続くと見られています。

反町隆史と言えば、私の中では何といっても「GTO」の鬼塚先生が定着キャラ。

(ここで、共演した松嶋菜々子とも結婚しているし・・・・)

「GTO」以降鬼塚キャラの定着でなかなか同作品を超えるヒット作品に恵まれなかったと言われている反町隆史ですが、相棒で鬼塚キャラをゆっくり脱却していってほしいものです。

個人的には好きな俳優なのですごく応援しています。

最後に・・・こちらも歴代です!!

「相棒」といえば、右京達がよく立ち寄る飲み屋「花の里」おかみ。

こちらも現在3代目ですね。

一代目は、宮部たまき(益戸育江旧姓:高樹沙耶)右京の別れた奥様という設定でした。

そして2代目が月本幸子。演じたのは鈴木杏樹。

season4の19話「ついてない女」で初登場しました。

その後、season6の12話、13話で前作の絡みで再登場します。

Season10の第12話に再々登場となり、以降season17の19話まで新たな「花の里」のおかみを務めました。

そして、現在3代目のおかみ小出茉梨として登場したのが、森口瑤子です。

「花の里」の初代おかみを演じた高樹沙耶は大麻問題で、鈴木杏樹は不倫問題で、いずれも「相棒」降板後とはいい、問題を起こしたことから、「花の里」は呪われていると、ちまたでは囁かれました。

そんなわけでもないのでしょうが、森口瑤子演じるおかみ小出茉梨は、「花の里」ではなく「家庭料理 こてまり」の
おかみの設定となっています。

新たな右京達の憩いの場は「家庭料理 こてまり」となります。

森口瑤子は、水谷豊が主演した「地方記者・立花陽介」スペシャルシリーズドラマで10年に渡り、劇中、水谷演じる立花陽介の妻役を演じています。

鈴木杏樹降板後、新たな居酒屋のおかみ役は誰になるのか注目され、そうそうたる大女優候補が上がる中選ばれました。

沢山のシリーズ作品を持つ水谷豊。

その中でも傑作品であると言われている相棒シリーズ。

これからの展開も楽しみですね。


Sponsored Link