Sponsored Link



幼児アトピーの症状と原因まとめ!大人のアトピーとは違う?


幼児アトピーの症状と原因まとめ!適切な予防・対策や食事で治る?
赤ちゃんから大人まで、
多くの人が苦しむアトピー性皮膚炎ですが、
実際のところ、乳幼児のアトピーと大人のアトピーは違います。


アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の人に多く、
子どもの頃アトピーであっても、
大人になってから軽快したという方もおられます。


その違いは、
消化器官の発達度合いにあると言えます。

赤ちゃんや小さな幼児は、
まだ消化器官が未発達なため、
大人より食物アレルギーを起こしやすいと言えます。


結果として、
食べ物が合わずにアトピー性皮膚炎を起こしやすくなります。


幼児の好きなお菓子なども、
アトピーを悪化させるものが多くあります。


チョコレートやナッツ類は
特にアトピーの子どもに与えると、
荒れやすくなりますので注意してください。


また、ヨーグルトなどの
乳製品の与えすぎにも注意です。

牛乳アレルギーなどを
起こしやすくなってしまいますので、
同じ食べ物を毎日与えないように対策しましょう。


Sponsored Link



幼児アトピーの原因は両親にも?!


幼児アトピーの症状と原因まとめ!適切な予防・対策や食事で治る?2
アトピーの最も大きな原因は遺伝的要素にあります。

全くアレルギーのない両親から生まれた子どもと、
両親ともに何かしらのアレルギーを持っている場合の子どもでは、
圧倒的に後者の方がアトピーを発症しやすいと言えます。


しかし、絶対皆発症するわけではなく、
何人かいる兄弟の1人だけ強いアレルギー体質で生まれるということもあります。


ですので、親御さんが気に病む必要はありません。
その子に応じた食生活をお医者さんと相談することで改善します。


もし仮に、アレルギーが強い体質で生まれても、
小児科などで血液検査をしてもらい、
アレルギーのある食べ物や食べない方が良いものを調べてもらうだけで、
アトピーも少しずつ改善していきます。


食物アレルギーとアトピーは
非常に密接な関係にありますので、
日々の食事でもアレルゲンを避けるだけでかなり皮膚の状態がきれいに保たれます。


他にも子供やアレルギーについて記事にまとめてます。
子供へのバレンタインプレゼントに!チョコ以外だとトミカが喜ぶ?

子供の早生まれは不利?メリット&デメリットまとめ!学力の成長が?

子供の感染症が流行する理由!予防&対策法の厳選5つも伝授

冬にはニキビが減るは嘘?化粧水で悪化することも?改善方法は?

猫アレルギーの症状と本気の治し方!猫種によっては空気清浄機でも?

2017年の花粉情報まとめ!時期は秋?ピークはいつまでかも予想!

秋・冬アレルギーって?鼻水・鼻づまりの症状におすすめ対処法5選

インフルエンザ(2016)予防接種の予約いつから?効果がでるのは?

風邪が治らない?咳・鼻水が止まらない子供への5つの対処法まとめ


幼児アトピーは治る?治らない?予防・対策・食事療法まとめ!


幼児アトピーの症状と原因まとめ!適切な予防・対策や食事で治る?1
アトピー性皮膚炎が治ったという人と、
大人になっても治らないという人がいます。

同じアトピーでも重症度も違えば、
カサカサしたタイプやジュクジュクしたタイプなど様々な症状の出方があります。


アレルギー体質で、
アトピーが治ったという方の多くは
乳幼児のときにできる湿疹で一過性のもののことがあります。

大半は小学校くらいに治ってしまいますが、
治ったというよりは「寛解した」と言えるでしょう。


また何かストレスなどを感じると、
アトピーが出てしまうことがあるので、
ストレスを溜めないように自分なりのストレス発散方法を見つけておくと良いです。


一方で、大人になってもアトピーがひどい人は、
その他のアレルギー疾患も多く持っている方です。



喘息や食物アレルギーを
大人になってから患うことも珍しくありません。

そういった方は
小さい頃にアトピーがいったん治って、
ストレスなどで再発してしまうことがあります。


アトピーは治るか治らないかで言えば、
治るように見せることはできるが、
再発の可能性が大きい病気といえます。


小さな内から、
正しい食生活を心がけ、
汗をかいたらすぐに拭いたりシャワーを浴びたりと清潔を保つことでかなり改善されます。


お子さんがアトピーの場合、
様々なことに気を使ってしまいますが、

お菓子を与えすぎない、
汗をこまめに拭き取る、
衣服も適宜着替えさせる

といった行動で改善されます。


また、保湿も怠らないようにしましょう。


特に冬の間は乾燥しやすいので、
肘や膝などのケアに注意してあげてください。

アトピーは長く付き合うこともありますので、
子ども自身にも保湿の仕方を教えたり、
上手に病気のことを教えてあげることで、
かゆみのコントロールができるようになるでしょう。

幼児アトピーまとめ!最後に


幼児アトピーの症状と原因まとめ!適切な予防・対策や食事で治る?3
いかがでしたか?


幼児アトピーは、放っといても治る
と思っている人もいるようですが、


一時的に、収まってるだけの可能性もあるので、
普段の食生活や生活リズムにも気をつけたいところですね。


まだアトピーが治まってない人も
生活改善をすることで
かなり改善されるので、ぜひ普段の生活から心がけてみてください。


それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!


Sponsored Link