水筒のコーヒーはまずい?美味しい入れ方ではミルクと砂糖は入れる?
缶コーヒーを飲むけど
毎回買うとお金がかかる。
節約したい。

コーヒー大好き。

だけど、なかなか自分の好みを
外出先で見つけられない。

好きすぎていつも持って歩きたい。
飲みたい時にすぐ飲めるようにしたい。

そんなことで
水筒にコーヒーを入れて持ち歩いている人
多いと思うんですよね。

私もその一人です。

そんなコーヒー好きの持つ
共通の悩み。

味が変わる。(まずい)
水筒に匂いが付く。

その悩みを解決するために
色々調べてみました。
参考にしてみてください!


Sponsored Link



水筒のコーヒーはまずい?


コーヒーは時間が経つと酸化して
風味が変わってしまうのです。

コーヒーで有名なある会社は
缶コーヒーの開発に2年以上かかりました。

現在もより美味しくなるようにと
研究開発に取り組んでいます。

それだけ

「缶」と「コーヒー」の相性は難しいのですね。

水筒の飲み口の材質によっても
味は違ってきます。

私がまずく感じるのは
缶コーヒーの飲み口が原因です。

カップに移せば
そんなに気にならないけれど
直に缶から飲むと
なんとなく浮く感じがして・・苦手です。

「水筒のコーヒー」の美味しい入れ方


まずは酸化を防がなくてはなりません。

コーヒーを酸化させるのは空気と温度なんです。

一般的に温度が10度下がることによって
酸化速度が1/2になると言われています。

おいしいホットコーヒーは60度

おいしいアイスコーヒーは10度

50度の差があります。

ホッとコーヒーとして保存すると
アイスコーヒーとして保存するのに比べて
32倍の速度で酸化してしまいます。

つまり、コーヒーを酸化させないように
持って行くにはアイスコーヒーにした方が
良いということですね。

それでも
寒い季節はやっぱりホットコーヒーが
飲みたいですよね~。

私は一年中ホット派です。

なるべく酸化させずにホットコーヒーを
水筒に美味しく入れる方法を探しました。


Sponsored Link



ホットコーヒー編


ホットコーヒー
少し冷ましてからコーヒーを水筒に入れて
酸化を防止する

熱々のコーヒーを魔法瓶に入れて持ち運ぶと

どんどん酸化が進んで
まずくなってしまいます。

コーヒーを淹れ終わったら
すぐに氷を一つ入れて冷ますことで
多少は酸化を抑えることができます。

わざわざドリップして
美味しいコーヒーを淹れたのに
氷を入れるのはちょっと抵抗はありますが

外で自分好みのコーヒーを
美味しく楽しむためです。

ちょっとだけ濃い目にコーヒーを淹れて
試してみてください。

意外とすんなり受け入れられましたよ。

もっと美味しく飲みたい方は
アルカリ性のミネラルウォーターを
使うと酸味を感じにくくなるという
方法もありました。

もっとおいしく飲むためには・・・

水筒にはお湯だけ入れて
ドリップ用コーヒーパックで
その都度淹れるのが一番ですね。

アイスコーヒー編


酸化を防ぐには「アイスコーヒーが良い」
でしたよね。

実はもっと美味しくアイスコーヒーを
水筒に入れて美味しく飲む方法があるのです。

それは
水出しコーヒーです。

水を入れた水筒に
水出しコーヒー用のパックを入れるだけです。

だいたい8時間くらいで完成なので
寝る前に用意しておくと良いかもしれません。

美味しい水にこだわるのも良いですよね。
興味のある方 試してみてはいかがでしょうか。

水筒にこだわる


・大容量の水筒に
コーヒーを半分入れて持ち運ぶのと

・適した容量の水筒いっぱいに
コーヒーを入れるのとでは

酸化の度合いが違ってきます。

当然空気に触れやすくなる前者の方が
味は落ちやすくなりますよね。

水筒から直に飲むタイプだと
飲み口の素材でも味が変わってしまう
という問題もあります。

飲み口にこだわれば
そこはプラスチックだったり
ゴムだったり
シリコンだったり。

しかしその素材だとコーヒーの香りが染み付いて
取れなくて他の飲み物に使えないとか。

いっそ
コーヒー専用の水筒を持ちませんか?

洗うのが楽な口広で、保温性に優れた
内部が二重構造の水筒。
で蓋がカップになるもの。

専用にしちゃえば
色々悩まなくても済みますよ(´∀`)v

因みに
酸素系漂白剤が
洗浄には適しているそうです。


「米のとぎ汁」や「砂糖水」で染み付いた匂いが軽減する
という話もあるみたいです。

試してみましょう。

★探してみるとコーヒーに向いた水筒が
結構開発されていますね。
コーヒー愛好家としては
ありがたい傾向です★

ミルクと砂糖は入れる?


ミルク砂糖
酸化が酷くなったコーヒーは
ミルクを入れると味や香りをごまかせます。

生クリームや牛乳なら良いのですが
コーヒーフレッシュはやめたほうが
良さそうです。

コーヒーフレッシュの正体は「油」です。
植物油に水を混ぜて乳化剤などの添加物で
白く濁らせ、ミルク風に仕立てたものが
ほとんどです。
体にいい訳ありません。

油も酸化するとまずくなります。

水筒によっては、乳製品や果汁は
長時間入れることで腐敗や変色の原因となります。

説明書をよく読んでから使いましょう。

砂糖は入れても特に問題はありません。

お砂糖使うなら私は
「てんさい糖」をおすすめしたいです。

白糖よりはちょっとお値段高くなりますが
甘さが上品です。

オリゴ糖がビフィズス菌を増やしてくれます。

お腹の調子を整えてくれる働きがあるんですよ。

便秘解消や、腸が健康になることで
美肌効果もきたいできまーす!


あとは、
血糖値の上下が緩慢で、ゆっくりとした
糖分の吸収をしてくれるので、太りにくいです。

体を温める効果もあったりするので
体に非常に良い砂糖なんですよ。


水筒のコーヒーはまずい?美味しい入れ方まとめ


コーヒーにはデトックス効果があることや
クロロゲン酸というポリフェノールによって
シミの原因であるメラニン生成を抑える効果が
あることもわかってきているんですよ。

女性が気になる単語がいっぱいです(笑

上手に美味しく
いつでもどこでも
水筒でコーヒーを楽しみましょう。


Sponsored Link